【和歌山県】一度は行ってみたい?!今も残る、妖怪伝説を巡る旅!

和歌山県にはさまざまな民話や伝説、不思議な言い伝えが県内各所に残っていることをご存知ですか?。今回は県内にいるといわれる妖怪の情報をピックアップしました。付近の観光地巡りを兼ねて、大自然を舞台にした妖怪探しにさあ出発!

近露大橋の河童伝説(中辺路町)

近露大橋の河童像中

昔、馬を河原に繋いでいたところ、ゴウラが現れ、綱で川へ馬を引き込もうとしましたが、反対に馬に引きずられ人に捕まりました・・・

(出典:紀州の「妖し」物語)

■付近のおすすめ観光スポット

熊野九十九王子のうちで最も重要視された王子の一つ「滝尻王子」は社格の高い五体王子。なかへちといえば、やっぱり熊野古道でしょ! 近くに行ったならぜひ寄ってみて。

1takijiriouji

出典:南紀エリア観光情報

中辺路町の観光情報はこちら

琴の滝「牛鬼伝説」(すさみ町)

滝 中

琴の滝に住み、人の影を食べると言われる牛鬼(うしおに)。影を食べられると間もなく人は死んでしまいます。正月に村人が牛鬼に酒を持っていったところ・・・(出典:紀州の「妖し」物語)

■付近のおすすめ観光スポット

真っ二つに裂けた波がぶつかり合う様は婦夫波(合掌波)と呼ばれ、枯木灘を代表する人気スポット。ロマンチックな光景はぜひカップルで。

うみ

出典:南紀エリア観光情報

すさみ町の観光情報はこちら

【番外編】ゲゲゲの鬼太郎をはじめ、ねずみ男、猫娘、ぬらりひょんなどの像が

「水木しげるが描くゲゲゲの鬼太郎と和歌山の妖怪」像が設置(御坊市)

御坊市塩屋町にある「Sioトープ」には、「水木しげるが描くゲゲゲの鬼太郎と和歌山の妖怪」像が設置され、市民憩いの空間を創出しています。鬼太郎をはじめ、ねずみ男、猫娘、ぬらりひょんなどの像が設置されています。

妖怪像中

siotorpu-zenkei2[1]

公園周辺には、日高港新エネルギーパーク(EEパーク)をはじめ、桜の名所の塩屋王子神社(熊野古道九十九王子社の一つで、別名美人王子)や御坊市の天然記念物「はまぼう」の群生地などがあります。(出典:御坊市)

■付近のおすすめ観光スポット

西日本一短い鉄道「紀州鉄道」で街を散策。おしゃれでレトロ感のある電車でわずか距離2.7キロの小さい旅が楽しめます。

kisyutetudo

出典:御坊市観光協会

和歌山県内の妖怪探索に欠かせないガイドブック

「癒しの国の妖しのものがたり」は県内探索の必需品

和歌山県の妖怪をまとめたガイドブックがあるのをご存知ですか。県内に残る伝説を解説しており、見応えたっぷり。ぜひダウンロードして持ち歩いてください。

紀州熊野には「不思議な伝説や妖怪の伝承」といった「妖しの物語」が数多く残っています。それらの物語に触れてもらうことで熊野の神秘性を感じていただき「心のゆとり」を取り戻してください。
このガイドブックは既に配布を終了していますが、当ホームページにて内容を公開していますので、電子データでご覧いただくか、印刷するなどしてお楽しみください。(出典:和歌山県)

へび中

002

17-18一つだたら、肉吸いol

和歌山県の「妖しマップ」はこちらからダウンロードできます。

【関連記事はこちら】
↓↓↓

え!?あの曲を作ったのって…和歌山出身の作詞家5人

 和歌山県出身の作詞家を紹介します。歌手と違って、一般的にそれほど注目を集めるこ…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】
LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加