和歌山といえば梅!「梅の博物館」ってどんなとこ?

和歌山といえば梅、梅といえば和歌山!和歌山県は、55年連続で梅の収穫日本一(2019年11月の調査)。全体の65%、2019年には7万3200トンもの収穫量がありました。梅の産地として特に有名な、みなべ町には、2つの“梅の博物館”があるんです!梅について詳しく学んでみましょう!

各種梅の体験アリ!公式YouTubeチャンネルも始動

紀州梅干し館(みなべ町)

top001

梅干しをはじめ、多彩な梅加工品を販売する梅翁園が運営する施設

◆多種多様の梅製品が買える販売店

unnamed

工場直売の紀州梅干を試食して、お買い求め頂ける直売店です。
梅干、梅関連食品をはじめ梅をモチーフにしたインテリアグッズなど、豊富な品揃えとなっております。
試食コーナーが充実していますので、楽しみながらじっくりとお気に入りの『梅』を探してみてくださいね!
商品について不明な点はお気軽にスタッフまでどうぞ!

出典:紀州梅干し館

◆梅加工製品の工場見学

unnamed (1)

ダウンロード

なんと梅干館では工場見学ができちゃいます!
梅が干しあがってから、パック詰めされ、商品として店頭に並ぶまでの作業工程を見学することができます。

出典:紀州梅干館

◆梅酒や梅干しなどを作ろう!

体験(食) 梅酒作り体験【紀州梅干館】1

出典:HidakaHistory

紀州梅干館体験教室

マイ梅干し作り体験(自分好みの梅干しをお作りいただけます。)

梅酒作り体験(3種類の梅酒作り体験です)

梅ジュース体験(簡単な梅ジュースの作り方をお教えします)

出典:紀州梅干館

梅ジュース作りは、子どもも楽しめますよ!

P00011136B

◆梅についてのアレコレが学べるYouTubeチャンネルも!

紀州梅干館

梅干し工場の見学や梅干し作り体験もできます♪…

和歌山県日高郡みなべ町山内1339
8:30-17:00

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください。

梅と和歌山の歴史を深~く学べる!

うめ振興館(みなべ町)

spot_20130911_EGeDCznX

出典:わかやま観光情報

 

「梅の里みなべ町」の顔として、世界に情報発信する拠点施設で、多くの人々の交流ポイントとなっています。梅の歴史や特徴を楽しく学べるだけでなく、町の歴史や文化財を知ることができます。梅や備長炭のお土産を購入できる物産コーナーもあります。

出典:みなべ町

◆1階フロア:歴史民俗資料展示

umeshin_1f2 umeshin_1f3

みなべ町が「うめ」と深いかかわりをもつようになるのは近世に入ってからですが、その基礎となる農耕と人々の歴史には、興味深いものがあります。日本最大級の銅鐸の出土や中世の山城など、和歌山県の歴史上、重要な位置にあったことが伺い知れます。
このゾーンでは、近代から近世・中世・原始古代へと歴史を遡り、みなべ町の農耕と人々のあゆみを中心にそれぞれの時代を象徴するな展示物やビデオでわかりやすく紹介しています。

出典:うめ振興館

◆2階フロア:うめ資料展示

unnamed (2)

出典:わかやま歴史物語100

ここではなんと、日本最古の「薬草漬け梅干し」も見ることができる!幕末までさかのぼるとか

01r_saiko

出典:なんでも梅学

17021104ga

出典:大阪日日新聞

全国でも珍しい、「梅干しガチャポン」(1回200円)もあり!

3階には、バラエティー豊かな商品が並ぶ物産店が。

52fdc_0005167702_1

出典:じゃらん

道の駅 みなべうめ振興館

日高郡みなべ町谷口538-1
9:00~17:00
火曜、年末 ※2月は無休

※実際に店舗へ訪問される際は必ず事前にご確認ください。

梅のまち・みなべ町。2つの“梅の博物館”は、梅、梅干し好きなら一度は訪ねてみる価値ありです

ライタープロフィール

【geek】
和歌山県出身在住でありながら、知らないこともまだまだあるので、新たな発見をたくさ
んの人と共有したいです。

【関連記事はこちら】
↓↓↓

味も見た目も懐かしい♪地元で人気の室井製パン所【みなべ町】

みんな大好きパン!和歌山県みなべ町に地元で長年愛されているパンをご紹介。味はもち…

南高梅から温泉まで盛りだくさん!日本一の梅の町みなべ町おすすめスポット【みなべ町】

“南高梅”発祥の地「みなべ町」は、梅だけではなく景色が綺麗な温泉やウミガメの産卵…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】

LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加