夏の冒険!地球の神秘を巡ろう、南紀熊野ジオサイト・北編

特色ある地形や大地、風景などに触れられる場所を、ジオサイトといいます。南紀熊野には、地球の成り立ちを感じることのできるジオサイトが多数存在。観光スポットとして人気を集めています。この夏、地球の神秘に迫る旅に出かけてみませんか。

風光明媚、圧倒される渓谷美

瀞八丁(新宮市)

 pic_geosite26

出典:南紀熊野ジオパーク

瀞八丁(どろはっちょう)は、和歌山県新宮市と奈良県吉野郡十津川村、三重県熊野市の三県の境界を成す峡谷。瀞峡の下流である下瀞の上流にあたり、熊野川水系北山川上流の玉置口・洞天門から田戸までの区域をいう。

峡谷の両岸に高さ50mにおよぶ断崖、巨石、奇岩、洞窟が1km以上続く日本屈指の景勝渓谷で、国の特別名勝、および天然記念物に指定されている。

出典:Wikipedia

DSC04055-825x510

和船で巡る現在の秘境瀞峡は、ジブリの世界!

出典:熊野野菜

マグマの熱で硬くなった地層が、その後の隆起により北山川に浸食され、深い峡谷が形成された。

出典:南紀熊野ジオパーク

奥瀞峡でスリルを味わうなら、筏下りかラフティングに挑戦してみるのもいい。かつて、熊野で伐採された木材の運搬に一役かった筏。現在この筏を観光用に利用した筏下りが体験できる。

出典:るるぶ&more

往復約2時間のクルージングも

筏流しの歴史を感じるスポットと、岩塊が積みあがった神域・磐座

志古の貝持嶋・志古の磐座(新宮市)

pic_geosite21

志古の貝持嶋

棟木を出す合図の貝を吹いたところ。厚い砂岩層(熊野層群)からできている。(『紀伊続風土記』・『紀伊国名所図会』)
現在は、ウォータージェット船の停留場所となっている。

出典:南紀熊野ジオパーク

※棟木=家の棟となる材木のこと。かつては川を使って木材を運輸した

inarisiko5

出典:み熊野ねっと

志古の磐座

厚い砂岩層(熊野層群)の崩壊岩塊が積みあがった磐座を、祭祀の対象とする社殿のない聖域。

出典:南紀熊野ジオパーク

ジオサイトでもある「志古の貝持嶋」は熊野川を上流から下流まで見渡せる絶好の位置にあり、そこで、平成の紀伊半島大水害(2011年)の説明がありました。水害当時の写真を見ながら、当時熊野川の水位がどこまで来ていたか、ドライブイン志古の建物にあるオブジェがその高さを示していて、参加者たちはその高さに驚いていました。

最後に、志古の磐座(いわくら)へ向かいました。ここもジオサイトになっており、岩の層から実際は岩の向きが違う向きであったことや、岩の裏にノジュールがあることのお話がありました。

出典:熊野学の森

円座石(ワロウダイシ、新宮市)

a4c3d6f9cf9af4e8de29cfc5fd6d7afc

熊野三山の神々が車座になって酒を酌み交わし、笑談した岩といわれる円座石。表面に丸で囲んだ梵字(ぼんじ)が彫られています。苔むした巨岩は雨に濡れると一段と存在感を増します。

出典:熊野古道の新たな魅力100選

pic_geosite11

熊野三山の神々があつまって、話をしたという伝説の岩で、熊野層群平行ラミナ(葉理)が発達した砂岩層の転石。苔むした表面には円で囲まれた熊野三山の本地仏が梵字で彫られている。円座とは藁などを渦巻状に平たく編んだ敷物のこと。

出典:南紀熊野ジオパーク

北山村筏流しの拠点

オノトリ(北山村)

pic_geosite84

オトノリ付近に分布する海底火山の噴出物(枕状溶岩凝灰岩類)は、はるか遠方の海洋底で形成された岩石である。その後、海洋プレートに乗って海溝まで運ばれ、約7000万年前に海溝で堆積した陸源性の地層と混在して大陸に付加したと考えられている。 オトノリは筏流しの難所で、後継ぎの長男は乗らず弟を乗せたのが語源といわれ、ここを乗り切る櫂さばきは筏師の華とされていた。 出典:南紀熊野ジオパーク

オトノリは , 北山村にあります。 オトノリ付近では , 竜神付加体が観察でき , 海底火山の噴出物である枕状溶岩をみることができます。これは , 海洋プレートにのって遠い海から運ばれてきたものと考えられて います。 また , このあたりでは , 北山川を流れる水の力が強いため , 川底が侵食され V字谷と呼 ばれる深い谷ができています。 北山村では , 昭和 38 年ころまで材木を新宮へ運ぶための筏流しが行われていました。 現在オトノリは , 観光筏下りの始点となっています。

出典:南紀熊野ジオパーク 3つの大地と出会う

ジオパーク地域内最古の砂岩泥岩互層

ジゴ(北山村)

pic_geosite85

ジゴ(神護)には、北山峡筏流しの難所の岩肌に彫られた河道の開削工事完成を記念する碑文がある。渓谷に分布する付加体の地層は、ジオパーク地域内最古の竜神付加体の砂岩泥岩互層で、7000万年前に堆積した。褶曲構造も見られる。

出典:南紀熊野ジオパーク

113794

出典:コトバンク

ライタープロフィール

【geek】
和歌山県出身在住でありながら、知らないこともまだまだあるので、新たな発見をたくさ
んの人と共有したいです。

【関連記事はこちら】
↓↓↓

ウォータージェット船からの景色がすごい!熊野の秘境「瀞峡」の紅葉狩りへ【和歌山県】

新宮市にある熊野の秘境「瀞峡」で楽しむ秋の紅葉狩りを紹介します。和歌山・奈良・三…

熊野古道と一緒に巡りたい 田辺市の紅葉の名所4選【田辺市】

和歌山の誇る世界遺産熊野三山への参詣道中辺路の通る田辺市の紅葉の名所を紹介します…

熊野観光の思い出に!新宮市のお土産5選【和歌山県】

熊野三山の一つ熊野速玉大社や徐福伝説、そして数多くの文化人を輩出した新宮市。そん…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】

LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加