文豪ツアー・和歌山ゆかりの地を旅しよう!有吉佐和子編

和歌山県出身の作家や、和歌山県にゆかりのある文豪の足跡をたどってみませんか。今回は、昭和に生まれ活躍した和歌山市生まれの作家・有吉佐和子の人物像や作風について、またそのゆかりの地を巡る旅を紹介します。

代表作は「紀ノ川」「華岡青洲の妻」「恍惚の人」など

和歌山市出身の作家・有吉佐和子

ms_ariyoshi_20200602

出典:和歌山市民図書館

1931年(昭和6年)1月20日 – 1984年(昭和59年)8月30日

有吉佐和子は、日本の小説家、劇作家、演出家。和歌山県和歌山市出身。日本の歴史や古典芸能から現代の社会問題まで広いテーマをカバーし、読者を惹きこむ多くのベストセラー小説を発表した。カトリック教徒で、洗礼名はマリア=マグダレーナといった。代表作は『紀ノ川』、『華岡青洲の妻』、『恍惚の人』など。

出典:Wikipedia

「紀の川」あらすじ

小さな川の流れを呑みこんでしだいに大きくなっていく紀ノ川のように、男のいのちを吸収しながらたくましく生きる女たち。――家霊的で絶対の存在である祖母・花。男のような侠気があり、独立自尊の気持の強い母・文緒。そして、大学を卒業して出版社に就職した戦後世代の娘・華子。紀州和歌山の素封家を舞台に、明治・大正・昭和三代の女たちの系譜をたどった年代記的長編。

出典:新潮文庫メールアーカイブス

 「紀ノ川」で、主人公・花が連れていかれた寺院

慈尊院(九度山町)

7fe61_0002640462_1

b040e_0003314217_3

世界遺産である慈尊院は、弘法大師(空海)が高野山開創の際に、年貢の徴収などの庶務を司る高野政所や宿泊所を置いた高野山の要所です。弘法大師の母公が晩年移り住み、没後弥勒出典:新潮文庫メールアーカイブス堂が建立されたことから、女人禁制の高野に対して「女人高野」と呼ばれ親しまれてきました。弥勒堂に安置されている弥勒菩薩坐像は国宝に指定されています。

出典:じゃらん

作中では主人公・花が自分の乳房型絵馬を献上、安産を祈った場所として描かれており、現在も子宝や安産、病気平癒祈願で多くの女性が訪れます。

出典:わかやま歴史物語100

紀の川を下って花が嫁ぐ場面で、眺める名所

妹山・背山(かつらぎ町)

s091005

万葉時代に数々の和歌が詠まれた背山と妹山。作中で花が船で紀の川を下りながら眺める描写があります

出典:わかやま歴史物語100

映画「紀ノ川」のロケ地「桃源の郷 宮折 耕心院」の敷地内、蔵を改装した飲食店

自然薯茶屋 からびな(岩出市)

22566549 22566548

出典:Retty

映画『紀ノ川』のロケ地になった「桃源の郷 宮折 耕心院」の敷地内、かつて蔵であった場所を改装してオープン。無農薬の自然薯を使った本日のランチセット1300円など、地産地消の体に優しい手作りメニューが揃います。

出典:わかやま歴史物語100

自然薯茶屋 からびな

和歌山県紀の川市桃山町調月331
11:00~16:00(L.O.15:00)ランチ営業、日曜営業
水曜日

「華岡青洲の妻」あらすじ

世界最初の全身麻酔による乳癌手術に成功し、漢方から蘭医学への過渡期に新時代を開いた紀州の外科医華岡青洲。その不朽の業績の陰には、麻酔剤「通仙散」を完成させるために進んで自らを人体実験に捧げた妻と母とがあった――美談の裏にくりひろげられる、青洲の愛を争う二人の女の激越な葛藤を、封建社会における「家」と女とのつながりの中で浮彫りにした女流文学賞受賞の力作。

出典:新潮文庫メールアーカイブス

華岡青洲顕彰施設 青洲の里(紀の川市)

img2r

出典:青洲の里

世界で初めて全身麻酔による乳癌手術を行った江戸時代の外科医、華岡青洲を顕彰する施設。フラワーヒルミュージアム内のレストランでは地元野菜の健康おもてなしバイキングが人気だ。

出典:わかやま観光情報

 青洲の妻・加恵の実家

旧名手宿本陣(紀の川市)

003138244-1_im

出典:いつもNAVI

p2

出典:ファミリー行楽ガイド

旧名手宿本陣は、この地の大庄屋(おおしょうや)をつとめた妹背家の住宅で、大和街道(やまとかいどう)に面し、紀州藩の参勤交代時の本陣だったことから、こう呼ばれ、有吉佐和子(ありよし・さわこ)の小説「華岡青洲の妻」の主人公・加恵(かえ)さんの実家としても知られています。

出典:和歌山放送ニュース

風情ある紀の川周辺をはじめとした、小説ゆかりの名所を紹介しました。

名作を生み出してきた有吉佐和子の人生に思いを馳せ、その物語の世界にぜひ浸ってみてください。

ライタープロフィール

【geek】
和歌山県出身在住でありながら、知らないこともまだまだあるので、新たな発見をたくさ
んの人と共有したいです。

【関連記事はこちら】
↓↓↓

和歌山建築めぐり!スゴイ建物②【偉人・歴史編】

グルメや観光はさておいて、建築物を眺める建築めぐりを楽しみませんか。和歌山には特…

有吉佐和子の邸宅復元へ 和市が調査開始

小説『紀ノ川』や『華岡青洲の妻』など紀北を舞台にした作品を多く残した作家、有吉佐和子(1931~84…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】

LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加