文豪ツアー・和歌山ゆかりの地を旅しよう!川合小梅編

和歌山県に関連のある作家や詩人、歌人を、ゆかりの地を巡りながら紹介します。今回は、画家であり、幕末から明治にかけて長期にわたり日記を書き続けた、川合小梅について。和歌山市の当時の人々の生活を知ることのできる日記は、貴重な資料として知られており、根強いファンがたくさんいます。

16歳~86歳まで、70年間にわたり日記を書き続けた

和歌山市出身の画家・川合小梅

1556545

1804年(文化元年)~1889年(明治22年)
和歌山市 生まれ
幕末・明治の社会変革を日記に綴った女性

父は紀州藩校「学習館」の助教を勤める学者であったが、小梅が5歳の時に、この世を去る。そのため、祖父から漢学を、国学者本居大平の弟子で歌人であった母から和歌を学び、野呂介石の門人野際白雪に絵画を学んで育つ。

江戸時代から明治時代にわたり、日記に社会の動きと自分史を書き綴り、明治 22年に亡くなる。墓は和歌山市吹上の妙宣寺にある。16歳~86歳までの 70年間に及ぶ小梅の日記は、私たちが当時の生活様式を知るための貴重な資料となっている。

出典:和歌山県ふるさとアーカイブ

父が助教をつとめ、夫が督学(学長)となった

藩校跡(学習館跡、和歌山市)

image

出典:Holiday

学習館(がくしゅうかん)は、江戸時代後期に紀伊国紀州藩に設けられた藩校。現存はしておらず、株式会社世界一統和歌山本社の敷地内に碑が建てられている。

出典:Wikipedia

日記に登場した縁がもとで、2008には川合小梅にちなんだ商品も

和菓子の名店・駿河屋

surugaya

出典:食べログ

駿河屋のエピソードが出てくるのは、1859年8月23日の箇所。「朝するがやに饅頭、数二百取りにやる」と記載されています。この縁から、平成20年には讃岐産の和三盆のみを使用した最高級の落雁『小梅日記』が発売されました。

出典:総本家駿河屋

落雁「小梅日記」

t02200165_0256019210235116034 t02200165_0256019210235116037

出典:癒しの和歌山

総本家駿河屋

500年以上の歴史を誇る老舗和菓子屋。羊羹や本ノ字饅頭などの銘菓は県内外にファン…

和歌山市駿河町12
9:00~18:00
無休(臨時休業あり)

本願寺鷺森別院(和歌山市)

534888_20130414093906

出典:エキテン

二月六日  嘉永四年 辛亥日記

晴れ
大いに快晴。風呂を焚く。
昼過ぎに日方あさり少々をみやげに了吉がくる。昼飯を出す。
九右衛門殿がくる
桑の枝を一尺五寸欲しいとのこと。
田宮にこれがあるというので貰う約束をした。
酒を出した。
四時過ぎから主人は初めて海野へ行く。
これはかねてから浅之助から頼まれていた。
安兵衞が小袖と岩一郎の着物の紋のことで来て直ぐに帰った。
夜になって母君は鷺の森へ参詣。
岩一郎は市川へ貝少々を持参。有馬へも少し送る。
夜遅くに雷鳴。風も強かったが雨は少しだった。

出典:小梅日記

本願寺鷺森別院(ほんがんじさぎのもりべついん)は、和歌山県和歌山市鷺ノ森にある浄土真宗本願寺派の寺院。雜賀御坊(さいかごぼう)、鷺森本願寺とも。京都市にある西本願寺の別院である。

出典:Wikipedia

朝椋神社(和歌山市)

01028_1 出典:和歌山県神社庁

 また、小梅さんの氏神様であった「朝椋神社(あさくらじんじゃ)」は、延喜式に記録のある古社で、かつてはクスノキの巨木があったらしい。明治九年(1876)七月一日の日記では、「今日から、表橋の水野殿の娘さんに、毎日習字や絵などを教えに行くことになった。朝椋神社に参ってからお宅まで出かける」とある。この一文から、氏神様にお参りすることが、今のようにスピリチュアルなどと意識せず、「日常そのもの」であった当時の空気が感じられる。 出典:金の枝 なかひらまい

 

 東の宮恵美須神社・法輪寺(和歌山市)

小梅筆塚

o1600120014713161612

出典:癒しの和歌山

bf6296f0d6ac0ae198ab42fb0ca57765

大昔から紀州にある東の宮神社。
先の戦火からも免れ、十日恵比寿で賑わう神社です。
なぜか、法輪寺というお寺も同居していて十七番の札所でもあります。
ここに小梅さんの筆塚があるということで行ってきました。

建立したのは小梅さんの曾孫にあたる方。
この神社へは小梅さんも数え切れないほどお詣りに来たに違いありません。
今後は日記の中で参詣の跡に気を付けてみましょう。
小梅さんの家からこの神社までは同じ市内だけどかなりの距離があります。
でも、昔の人は健脚だったから何ほどのこともなかったのかもしれませんね。

出典:小梅日記

 

墓があるのは、日蓮宗妙宣寺(和歌山市)

image (2) image (1)

出典:妙宣寺

d8798c53c47ace1226df564c9a38567f

小梅は明治22年[1889]11月2日86歳の生涯を終え、妙宣寺に葬られております。

出典:妙宣寺ブログ

他にも、小梅さんゆかりの地は多数。日記をもとに巡ってみては。

ライタープロフィール

【geek】
和歌山県出身在住でありながら、知らないこともまだまだあるので、新たな発見をたくさ
んの人と共有したいです。

【関連記事はこちら】
↓↓↓

文豪ツアー・和歌山ゆかりの地を旅しよう!中上健次編

和歌山県にゆかりのある小説家や詩人の生まれた土地や、関わりのある場所を巡る「文豪…

文豪ツアー・和歌山ゆかりの地を旅しよう!夏目漱石編

「吾輩は猫である」「坊ちゃん」「こころ」など、数々の小説を生み出し、日本の紙幣に…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら

↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】

LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加