【和歌山県】野鳥がにぎわう秋冬、観察スポット4選

秋冬は、和歌山県内のさまざまな水辺にマガモなどのかわいい野鳥がやってくる季節。餌を求めて水の中に潜る様子や、気持ちよさそうにスイスイと泳ぐ姿に癒やされませんか。ちょっとしたハイキングや散歩のついでに、鳥を気にかけてみることで楽しみが広がり、きっとリフレッシュできますよ。

野鳥観察、バードウォッチングの楽しみ

bird_watching

【どんな場所に行けばみることができる?】

はじめはどこか遠くに行く必要はありません。野鳥がいることに1回気がつけば他の鳥も見つけることができます。
まずは自宅の庭、ベランダを毎日みてみましょう。
次にいつでも出かけられるような場所、例えば公園、神社やお寺、学校の校庭、池や湖、川などを見つけましょう。そうすれば水辺の鳥にも出会うことができます。できるだけ多く野外にでて野鳥をみることが、野鳥にたくさん会えることにつながります。

【秋~冬】

公園や雑木林で聞こえる「キィー キィー」
「キチキチキチ・・・」。
モズの声は秋の訪れを教えてくれます。声がする方を探すと高い木のてっぺんなど目立つところに止まって鳴いている姿を見ることができます。この鳴き声は冬のテリトリーを守るためのもので「モズの高鳴き」と呼ばれています。またシベリアなどの寒冷地では冬になるとエサ場が凍ってしまって食べ物がとれなくなるため、「冬鳥」といわれるカモやハクチョウの仲間は生きるために、水辺が凍結せず、食べ物をとれる日本に渡ってきます。
その年の気候や繁殖期の状況によって渡ってくる鳥の種類が少なく、数も少なくなることがありますが、命の危険を冒してまで渡らなくてもエサが確保できている状況にあると考えられています。

出典:BIRD FAN

カモをはじめ、多彩な種類の鳥が集まる

日高川河口(御坊市)

hidakagawakakou

日高川が野鳥たちでにぎわうのは、なんといっても冬である。カモやカモメの仲間が冬鳥として渡来し、河原の草むらでは、小鳥たちが越冬する。

天田橋付近では、毎年700羽以上のカモたちが越冬する。マガモ、ヒドリガモが多く、ホシハジロ、オカヨシガモ、コガモ、カルガモ、ヨシガモ、オナガガモ、キンクロハジロなども見られる。日中は休んでいることが多く、くちばしを背中に入れて、波間に浮かんでいる。

出典:御坊市

マガモ

250px-Anas_platyrhynchos_male_female_quadrat

出典:Wikipedia

ヒドリガモ

1920px-Mareca_penelope_male_and_female

出典:Wikipedia

キンクロハジロ

1280px-Aythya-fuligula_Tufted-Duck

出典:WIkipedia

野口橋(日高川)

御坊市内から御坊インターに向かう途中、
日高川に架かる橋(新野口橋)のすぐ上流に
見えるのがこの野口橋です。この付近から、
日高川は大きく河床を広げ、広い河川敷が
見られるようになります。

出典:日本野鳥の会 和歌山県支部

川のほとりの道の駅で、野鳥と間近に出会える!

道の駅 水の郷日高川龍游(田辺市竜神)

道の駅水の郷日高川_龍游01

出典:Wikipedia

ここは、紀伊山地のふもとにある
和歌山県龍神村の
こじんまりとした道の駅。
地元の食材を楽しめる食堂と、
龍神の山々を感じられる
木の家具と地元アーティストの作品を
展示・販売するショップ併設。
龍神の山の恵みと、
そこに暮らす人々と、
ふらっと立ち寄る旅人をつなぐ、道の駅です。

出典:道の駅 水の郷龍遊

併設レストラン、つぐみ食堂付近にはカモがいっぱい!

海辺にやってくる鳥を観察

宇久井ビジターセンター・千尋の浜(東牟婁郡那智勝浦町)

16ee60a231baee4dfa1c049173663774-300x225

千尋の浜へ冬鳥の確認に行ってきました。

ヒドリガモ、スズガモ、マガモ、オオバンなどの冬鳥に加え、イソシギ、ハクセキレイ、アオサギなどの留鳥も確認できました。

毎年飛来してくるアメリカヒドリは確認できませんでした。

例年ミサゴ、キンクロハジロ、ヨシガモ、オナガガモ、カンムリカイツブリなどが見られるので、今後に期待です。

出典:宇久井ビジターセンター

イソシギ

image

全長20cmで、頭上から背部が灰黒褐色、腹部は白色です。腹部の白色は肩までくい込み、良く目立ちます。

出典:宇久井ビジターセンター

ビジターセンターは、植物や野鳥などのさまざまな自然を学べて展示会や観察会なども行っているところです。そのビジターセンターの横の道からお散歩できるようになっていて、海沿いを歩いてぐるっと一周することが出来ます!そのコースを少しだけまっすぐいって山道に入っていくと、休暇村南紀勝浦の朝のお散歩会で行く「上野展望台」へ行く事も出来ます。上野展望台からは、宇久井半島や佐野を一望することが出来ます!

出典:休暇村南紀勝浦


この投稿をInstagramで見る

???? 日本最小の鷹 ツミ ???? 朝、庭で鳥が死んでいた。 外傷はないみたい。 野鳥だとわかる。 ん、鳥インフルエンザだったらどうしょう。 ん、ん、早くかたずけないと。 手袋して新聞でくるんでナイロンで二重にして。 ゴミ出しまで何処に置くか? 鳥のあった場所は消毒はしなくていいのか? 野鳥の会を、探してメールして電話待ち。 見に来てくれるというが気の毒で 「ヒヨドリみたいです。鳩ではないみたいです。」 ???? 来て包みを開け、みるなり、キラッと目が輝き、 鷹のツミですね。 ???? 「これは要りますか?」 「貰って良いですか?」 ???? 「どうぞ」 ???? 帰ってから、 メールで雌の成長です。 1番小さな鷹ツミです。 丁寧に連絡くれました。 有難うございました。 ???? ✳︎1枚目の写真は辞典より。 ✳︎2枚目は庭で死んでいる写真 ???? #鷹#1番小さな鷹#ツミ#1番小さな鷹ツミ#鳥インフルエンザは大丈夫#野鳥の会#野鳥#宇久井ビジターセンター

Midori(@mi.do.ri.810.84.1115)がシェアした投稿 – 2018年12月月20日午前4時27分PST

緑豊かな公園でゆったり野鳥観察

杉村公園(橋本市)

30203ah3330042097_1

出典:じゃらん

京奈和自動車道橋本ICから5分のところにある、約12万5000平方メートルの広さを誇る公園。自然林を生かした緑あふれる園内には、四季折々の花が咲き、つり橋や郷土資料館もある。毎年10月から11月中旬には芝生広場で菊花展が開催され、多くの人でにぎわう。

出典:ウォーカープラス

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

 

2019/12/01/Sun.紅葉さんぽ 畑が終わったあと、和歌山県橋本市にある杉村公園をおさんぽ。 Pic① 紅葉とエナガ Pic② エナガ「ちょっとどこ見てんの!」 Pic③ 垂直にたつ格好いいヤマガラ Pic④⑤⑥ キクイタダキ疑惑のピンぼけ写真。姉が撮れてることを期待してます! Pic⑦ 九度山町にあるグラタンカフェでグラタンランチ #和歌山県 #橋本市 #杉村公園 #九度山町 #グラタンカフェ #グラタン #紅葉 #散歩 #バードウォッチング #野鳥 #野鳥観察 #野鳥写真 #野鳥撮影 #野鳥好き #エナガ #ヤマガラ #ピンぼけ #ピンあま #証拠写真レベル #ピンぼけでもUpする

@ kuruccoがシェアした投稿 – 2019年12月月1日午前5時47分PST

ライタープロフィール

【geek】
和歌山県出身在住でありながら、知らないこともまだまだあるので、新たな発見をたくさ
んの人と共有したいです。

【関連記事はこちら】
↓↓↓

見つけると嬉しい!気軽に楽しめる和歌山のバードウォッチング

和歌山のバードウォッチンが楽しめるスポットをご紹介!いつでも、どこでも大人から子…

【和歌山県】みかん生産量日本一!みかん狩りを楽しもう!自分で摘み取ってその場で食べるのは格別です!

みかんの産地、和歌山県らしい体験「みかん狩り」。10月〜12月頃になると各農園で…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】

LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加