【和歌山県】記念館がオープン!合気道の始祖・《田辺市出身》植芝盛平ってどんな人?

和歌山県田辺市の偉人・植芝盛平。日本だけでなく、世界中に愛好者がいる「合気道」の始祖として知られています。2020年10月、出身地である田辺市に新設された武道館に、併設して「植芝盛平記念館」がオープン。植芝盛平の経歴や合気道の歴史が学べるほか、体験コーナーもあります!ぜひ出掛けてみませんか。

合気道を始めた人、植芝盛平って?

Morihei_Ueshiba_1939

植芝 盛平(うえしば もりへい)

1883年(明治16年)12月14日 – 1969年(昭和44年)4月26日)

日本の武道家。合気道の創始者。合気道界では「開祖」(かいそ)と敬称される。

出典:Wikipedia

そもそも合気道って?

aikido_man

合気道は、開祖・植芝盛平翁(1883~1969)が日本伝統武術の奥義を究め、さらに厳しい精神的修行を経て創始した現代武道です。合気道は相手といたずらに強弱を競いません。入身と転換の体捌きと呼吸力から生まれる技によって、お互いに切磋琢磨し合って稽古を積み重ね、心身の錬成を図るのを目的としています。また、合気道は他人と優劣を競うことをしないため、試合や競技を行いません。 出典:公益財団法人合気会

相手の攻撃をさばき、投げ、制する武道 合気道の基本は、常に相手よりも優位な状況を作るところにあります。まず大事なことは、相手の攻撃をうけないことです。相手の攻撃を受けてしまっては大変ですから、その攻撃をかわす(さばく)ことが必要です。 さばいた後は、相手のその流れを利用して相手の体勢を崩し、投げ、もしくは体を抑えて(制して)相手の自由を奪い、自分に優位な状況を作り出します。 出典:日本合気道協会

植芝盛平さんは、和歌山県田辺市生まれ!

ueshibazou

合気道の創始者植芝盛平翁は田辺市上の山に生まれ、幼い頃から武道にはげみ、19歳で修行の旅に出て各流の武術遍歴を重ねつつ独自の武術を習得しました。 また、青年のころ、田辺在住の南方熊楠の「神社合祀反対運動」に共鳴をしたり、北海道の開拓においては、紀州団体の長として入植するなど多方面で活躍をしております。 出典:田辺探訪

s056004

JR紀伊田辺駅前にある植芝盛平翁の記念碑。合気道の開祖を生み出したことは、田辺市民の大きな誇りとなっていて、市内にはゆかりのスポットが点在しています 出典:わかやま歴史物語100

出身地である田辺市に、2020年10月記念館がオープン

出典:田辺市 田辺市の新・武道館に併設されている植芝盛平記念館

田辺市では、郷土の偉人である盛平翁の偉大な足跡と功績をたたえ、永く後世に伝承するため、武道館に併設する形で植芝盛平記念館を建設しました。 記念館では、盛平翁の生涯や合気道の沿革を紹介するグラフィックパネル、合気道の和合の精神を表した気・心・体サークル、合気道の基本動作を学ぶことのできる合気道体験、盛平翁ゆかりの品展示コーナーを設置し、合気道経験者だけでなく、合気道未経験の方にも盛平翁や合気道の魅力を感じていただける施設となっています。 出典:田辺市

植芝盛平記念館

和歌山県田辺市扇ヶ浜2-10
午前10時~午後5時
月曜日(祝日の場合は翌営業日)、12月28日~1月4日

ライタープロフィール

【geek】
和歌山県出身在住でありながら、知らないこともまだまだあるので、新たな発見をたくさ
んの人と共有したいです。

【関連記事はこちら】
↓↓↓

文豪ツアー・和歌山ゆかりの地を旅しよう!川合小梅編

和歌山県に関連のある作家や詩人、歌人を、ゆかりの地を巡りながら紹介します。今回は…

文豪ツアー・和歌山ゆかりの地を旅しよう!夏目漱石編

「吾輩は猫である」「坊ちゃん」「こころ」など、数々の小説を生み出し、日本の紙幣に…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】

LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加