日本遺産、「葛城修験」って?【和歌山】

和歌山~大阪~奈良の境に連なる峰の一帯は葛城と呼ばれ、神聖な修験道の修行の地とされたストーリーが、日本遺産に選定され、話題を集めています。「日本遺産(Japan Heritage)」とは、文化庁が地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化・伝統を語るストーリーを認定したもの。その葛城修験について紹介します。

2020年、「葛城修験」が日本遺産に認定

oogomaku (1)

(写真)加太・北ノ浜の採燈大護摩供

『「葛城修験」- 里人とともに守り伝える修験道はじまりの地』が令和2年度「日本遺産」に認定されました。

自然の中で厳しい修行をおこない悟りを得るという日本独特の修験道、その開祖の役行者が最初に修行した地が「葛城修験」の地とされています。この地は、世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の一部である奈良の大峰山と対をなし、古くから最も重要な行場とされてきました。

和泉山脈から葛城・金剛山系にかけて、法華経が埋納されたという28の経塚を巡る「葛城修験」の第1番目の経塚があるのが、本市の友ヶ島です。加太では友ヶ島にわたる修験者の姿が風物詩となっており、修験者を迎える文化が息づいています。

出典:和歌山市

葛城修験のストーリー

img01

出典:日本遺産 葛城修験

和泉山脈から金剛山地までの一帯は、古くから「葛城」と呼ばれます。
修験道しゅげんどうの開祖と言われる 役えんの行ぎょう者じゃがはじめて修行を積んだこの地は、世界遺産の吉野・大峯と並ぶ「修験の二大聖地」と称されています。
そしてその修行にはいつの時代も、周辺に暮らす人々との深いつながりがありました。 行ぎょう場ばである 宿しゅくには、経典を埋めた 経きょう塚づかがあり、役行者が埋納したとされる葛城二十八宿が有名ですが、村の信仰を集めるお堂等にも、修験者が立ち寄った記録等が遺されています。

出典:かつらぎ観光協会

葛城修験を切り拓いた人物・役行者(えんのぎょうじゃ)とは?

about_photo_01

葛城修験を開いた人物で、修験道の開祖と言われる役行者は本名を役小角(えんのおづぬ)といい、舒明天皇6年(634)に大和国葛城上郡茅原郷(現在の奈良県御所市)に生まれ、7~8世紀にかけて実在した人物とされています。役行者にまつわる伝説は数多く残されており、前鬼と後鬼という二つの鬼を弟子として自在に操り、不思議な力を駆使して、空や野山を駆け巡ったといった逸話も残っています。また、役行者は伊豆大島に配流されていたことがあり、その際にも毎晩、海上を歩いて富士山に上ったともいわれています。

出典:日本遺産 葛城修験

800px-En_no_Gyōja,_Kamakura_period,_polychromed_wood

役 小角(えん の おづぬ / おづの / おつの、舒明天皇6年(634年)伝 – 大宝元年6月7日(701年7月16日)伝)は、飛鳥時代の呪術者。役行者(えんのぎょうじゃ)、役優婆塞(えんのうばそく)といった呼び名でも広く知られている[2]。姓は君。 日本独自に発祥・発展した山岳信仰である修験道の開祖[3]。 実在の人物だが、伝えられる人物像は後世の伝説によるところが大きく、前鬼と後鬼を弟子にしたといわれる。天河大弁財天社や大峯山龍泉寺など多くの修験道の霊場でも役小角・役行者を開祖としていたり、修行の地としたという伝承がある。

出典:Wikipedia

葛城修験に関わるスポット

神野阿弥陀堂(こうのあみだどう)

nihon_img02

堂内には 護摩札ごまふだがあり、また、建物自体にも修験者のものと思われる墨書が残されています。(国登録有形文化財)

出典:かつらぎ観光協会

丹生都比売神社境内(にうつひめじんじゃけいだい)

nihon_img05

高野山系修験の葛城 入にゅう峰ぶ は、天野-吉野-熊野-葛城を巡る広大なものでしたが、天野では、丹生明神を 笈おいに移す「吹き送り」があり、この笈を背負って山中修行に入りました。

出典:かつらぎ観光協会

天女山正楽寺(てんにょさんしょうらくじ)

nihon_img06

修験道の大きな宗教的権威の一つである京都の 聖しょう 護ご 院いん 宮のみや が、役行者1150回忌法要の帰途に立ち寄り、里人から昼食が献じられました。

出典:かつらぎ観光協会

葛城蔵王権現社(かつらぎざおうごんげんしゃ)

nihon_img07

7世紀末、役行者が修験道の行所を開いたところと言われています。4月に開催される春の例大祭では、各地より信者が集まり、 玉串たまぐし奉納、護摩供養、盛大な餅まきが行われます。

出典:かつらぎ観光協会

 

ライタープロフィール

【geek】
和歌山県出身在住でありながら、知らないこともまだまだあるので、新たな発見をたくさ
んの人と共有したいです。

【関連記事はこちら】
↓↓↓

歴史に、自然に、ラピュタ!? 魅力いっぱいの友ヶ島

和歌山市加太沖に位置し、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の総称名である友ヶ島。中で…

たたずまいはまるで「千と千尋」の世界観!歴史的建造物、葛城館がすごい【高野口】

高野口駅前にある葛城館という建物。明治後期にたてられた木造三階建ての建築物で、現…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】

LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加