和歌山の古墳を探検!古代の豪族「紀氏」とは?

3世紀後半の日本列島では、400年ほどの期間に土を盛り上げた墳丘状の墓・古墳が盛んに造られました。和歌山にもいくつか史跡が残っています。それらの古墳と、古墳時代に大きな役割を果たした古代・紀の国の豪族・紀氏に迫ります。

古代の豪族「紀氏(きし)」って?

515GMKTZ5TL

出典:Amazon

紀氏はもともと、紀伊国の紀ノ川下流を本拠とした古代豪族で、大和盆地の大和国平群県紀里(現在の奈良県生駒郡平群町上庄付近)に進出し、倭王権の外交や軍事を担った。

出典:JBpress

 大陸文化を日本にもたらし、歴史上大きな役割を果たしたといわれている古代の豪族「紀氏(きし)」。紀氏一族は、紀ノ川下流南岸の日前宮周辺の平野に広い水田を開発、宮井用水と呼ばれる水路をめぐらせて生活基盤を安定させ、人口を増加させていったといいます。そんな紀氏の墓ではないかと考えられているのが、和歌山県和歌山市東部に残る岩橋千塚古墳群です。

出典:わかやま歴史物語100

img_slide_04 img_slide_01

出典:和歌山県立紀伊風土記の丘

岩橋千塚古墳群には、確認されているだけでも850基以上の古墳があり、全国でも最大級の古墳群といえます。これほどの古墳が岩橋丘陵に作られた理由としては、石室の石材となる和歌山特有の青石(結晶片岩)がすぐ近くで入手できたこと、自然地形を巧みに利用して、墳丘を作る技術を持っていたことなどが考えられています。さらに、岩橋千塚古墳群周辺では、朝鮮半島製の土器や武器、金・銀・銅などを使った装飾品が数多く出土し、紀ノ川河口部に花開いた国際色豊かな古墳文化は、紀氏一族の朝鮮半島などとの交流によってもたらされたものと考えられています。

出典:わかやま歴史物語100

特別史跡・岩橋千塚古墳群

和歌山市の東部に位置する岩橋千塚古墳群は、総数800基超もの古墳を擁し
4世紀末から7世紀にかけて造られた全国有数の群集墳として知られています
この古墳群に眠る人々は、文献の記録から豪族「紀氏」と考えられており
彼らが本拠とした紀ノ川下流域は、その河口部「紀伊水門」が渡来文化流入の窓口としての役割を果たし
大和盆地へ通ずるルートの一つとして政治上も重要な役割をもっていたと考えられます

出典:和歌山県立紀伊風土記の丘

k004001

岩橋千塚古墳群では、石室や墳丘が実際に見学できるようになっています。岩橋型横穴式石室の特徴は、石梁や石棚が設置されている点。また、紀州南岸で採取されるの青石(結晶片岩)が使われているほか、遺体を葬る玄室への入口が狭くなる玄室前道と呼ばれる構造をもつことも、大きな特徴です。

出典:わかやま歴史物語100

 

       

「土佐日記」で知られる紀貫之も紀氏一族

tsurayuki

紀氏と紀伊風土記の丘 “男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり” で始まる“土佐日記”の作者として、また最初の勅撰和歌集“古今和歌集”の撰者の一人として名を残す紀貫之という人。中学校や高校の古典や日本史の教科書で、皆さんも一度は聞いたことがありますよね。 歌人、文化人としての名を残す彼ですが、本業は今で言う官僚、政治家といった職業の人物でした。もっともこの時代、平安初期のころ貫之ら“紀氏一族”の朝廷内での官僚としての位は中級程度のものであったわけですが。 紀貫之 ところが紀氏一族のルーツは大和時代、物部氏や曽我氏等と共に、統一国家建設に大きな働きをした一族でした。そして曽我、物部氏が歴史の表舞台から消え去った後も、朝廷内でそれなりの地位を保っていた一族であった訳ですね。 そしてさらにそのルーツを遡ってゆくと、弥生時代から古墳時代にかけて、現在の和歌山市の東部地方を中心に大きな勢力を持っていた豪族集団“紀氏”一族に至ります。 紀氏の支配する国だから紀ノ国なのか、紀ノ国の豪族だから紀氏と呼ばれていたのか、どちらが先かは判りませんけどね。 出典:きのくに散策

 

紀氏の末裔が代々宮司を務める

日前神宮・國懸神宮

280px-Hinokuma-jingu_Kunikakasu-jingu,_entrance-2

紀伊国造(きのくにのみやつこ、きいこくそう)は、紀伊国(現在の和歌山県)を支配した国造。国造族は神別の紀氏の長の流れをくむ一族で、古代には代々紀伊国の国造職とともに日前神宮・國懸神宮の祭祀を受け継ぎ、律令制施行により国造制が廃された後も同神宮の宮司として「国造」を称した。 出典:Wikipedia

紀伊風土記の丘から2キロほど西(和歌山市中心部寄り)に、日前宮(にちぜんぐう)と言う神社があります。 毎年初詣には30万人位が訪れる市内では有名な神社ですが、ここの宮司さん、なんと古代より紀さんと言う方が代々引き継いで勤めておられるそうです。 そう、紀伊風土記の丘に眠る紀氏の末裔がここに居られるわけですね。 その歴史は古く、神話の世界にまで遡ります。このような古い家系は皇室以外には全国にも数家程度しかありません。 出典:きのくに散策

和歌山県立紀伊風土記の丘

国の特別史跡「岩橋(いわせ)千塚古墳群」の保全と公開を目的として1971年8月に…

和歌山市岩橋1411
9:00~16:30(入館16:00まで)
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・展示替え期間

日前神宮(ひのくまじんぐう) 國懸神宮神宮(くにかかすじんぐう)

創建二千六百餘年を溯る日前神宮・國懸神宮は、同一境内に座します二社の大社をなして…

※掲載各店の判断により、営業形態や営業時間、メニュー等が変更されている場合があります。

ライタープロフィール

【geek】
和歌山県出身在住でありながら、知らないこともまだまだあるので、新たな発見をたくさ
んの人と共有したいです。

【関連記事はこちら】
↓↓↓
https://rokaru.jp/matome/56738

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】

LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加