“歓迎”のフジが満開 春の四季の郷公園

満開になったフジ

和歌山市明王寺の四季の郷公園で、「歓迎」などの花言葉を持つフジが満開を迎えた。

園内の多目的広場の周囲には、全長約165㍍の藤棚があり、約100本のノダフジが植えられている。

先週末には、家族連れなどが大勢来場し、藤棚の下を歩き、香りなどを楽しんでいた。

同園は「園内の春の花を楽しんでください」と来場を呼び掛けている。

問い合わせは同園(℡073・478・0070)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。