名店を食べ比べ 18日ラーメン・サミット

「県外の友人を誘って来場を」と山田委員長

和歌山ラーメンの名店が集まり、一度に食べ比べができるイベント「和歌山ラーメン・サミット2016inマリーナシティ」が18日午前10時から午後7時まで、和歌山市毛見の和歌山マリーナシティ内イベントホールと第一駐車場で開かれる。
一般社団法人和歌山青年会議所(有田比呂志理事長)が主催し、同会議所まちづくり委員会(山田裕之委員長)が企画、運営する一日限りの特別企画。
県外から多くの人々に同市を訪れてほしいと願う山田委員長(35)は、イベントのテーマとして知名度の高い「和歌山ラーメン」に着目。昨年の紀の国わかやま国体・大会の開催時、選手が通りを歩きながら「ラーメンがうまかった」と話している様子を目の当たりにしたことで、一層思いを強くした。
昨年末から準備を始めた山田委員長は、知人の紹介や飛び込みでラーメン店を訪ね、試食と出店交渉を重ねてきた。人手不足などの理由からイベントへの出店の賛同を得ることは難航したが、訪れた約20店のうち7店のイベントへの参加が決まった。
食べ比べを楽しんでもらえるよう、ラーメンは半玉で提供してもらうよう各店の協力を取り付けた。山田委員長は「今まで、あるようでなかった和歌山ラーメンのイベントです。ぜひ県外のお友達を誘ってお越しください」と来場を呼び掛けている。
入場無料。ラーメンは1杯500円。チケットは午前10時から午後6時半まで販売予定だが、各店とも売り切れ次第終了となる。
問い合わせは和歌山青年会議所(℡073・428・3334)へ。出店するのは次の各店。
和dining清乃(有田市野)▽まるやま中華そば小松原本店(和歌山市小松原)▽鳥見本(同市六十谷)▽まるい十二番丁店(同市十二番丁)▽中華そば土屋商店(同市栗栖)▽麺屋醤(同市卜半町)▽京橋幸太郎(同市本町)

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね