アートに乾杯! 3人の作品展18日~十番丁

3人展を開く小野さん、松本さん、北林さん(左から)

絵画や陶芸、イラストの3人展「Salute!」(サルーテ)が18、19の両日、和歌山市十番丁の喫茶バッカスで開かれる。

出品するのは、同市の小野明日香さん(23)、松本侑花さん(24)、北林恵美さん(24)。3人は明和中学校の美術部で学び、ともに奈良芸術短期大学出身。5年前の高校卒業時には、和歌の浦アート・キューブで3人展を開いた。

3人は「表現も三者三様で、面白い展示になるはず。展覧会をきっかけに、創作活動をされている方とも交流が広がればうれしいです」と期待している。

「サルーテ」はイタリア語で「乾杯」の意味。会場が、小野さんのアルバイト先で、お酒の神様「バッカス」を店名にしていることや、新たなスタートになるよう思いを込め、展覧会名にした。

約30点を展示。小野さんはアクリル絵の具で、果物や女の子をモチーフに、ポップで社会風刺を効かせた絵画などを出品。松本さんは動物をモチーフにした陶芸を中心に、イラストなどを。北林さんは、青色をメーンに絵本のような幻想的な世界を表現したイラストや消しゴムはんこの作品を出展する。

松本さんは「創作意欲をかき立てられ、刺激になる仲間です」とにっこり。北林さんは「お客さんと一緒に楽しめたら」、小野さんは「5年前に比べ、いい意味で肩の力が抜けた感があるように思います。気軽に遊びに来てください」と呼び掛けている。

キーホルダーやポストカードなどの販売もある。期間中、店の営業はせず、展示のみとなる。午前10時から午後5時まで。問い合わせはメールで「3210salute@gmail.com」。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね