勝浦漁港近くの「にぎわい市場」でマグロ三昧【和歌山県那智勝浦町】

「生マグロ水揚げ日本一」で知られる和歌山県那智勝浦町。マグロが水揚げされる、勝浦漁港市場と同じ敷地にある「にぎわい市場」。地元ならではの生マグロの魅力を豪快な食べっぷりで表現してもらおうと、マグロ大好きな地元のおじさん2人に案内してもらいました。

       *もくじ*


港の敷地にあるからそりゃうまいわ

豪快に食べて過ごせるマグロ天国!

勝浦にぎわい市場

勝浦にぎわい市場

勝浦にぎわい市場
入り口にはマグロの巨大なオブジェ。お約束の記念写真はここで。勝浦漁港市場と同じ敷地にある「にぎわい市場」。競り落とされた生マグロがすぐに店頭に並ぶから、新鮮さはピカ一。

勝浦にぎわい市場

勝浦にぎわい市場市場内は、地元の食材を使った飲食ブースと地元特産品を販売する直売コーナーを兼ね備えています。獲れたて新鮮なマグロをふんだんに使ったマグロ丼、握り寿司はもちろん、漁港ならではの漁師飯や鹿、猪、クジラのジビエ、スイーツ、そしてマグログッズまで多彩に揃います。

なんと大トロの試食もOK

勝浦にぎわい市場

勝浦にぎわい市場「大トロの試食」ができるのも、この市場ならでは。まさにマグロ天国。地元ならではの振る舞いにうれしくなります。「こりゃまちがいないわ」。まさにマグロのすべてが味わる施設。本マグロのブロックやカマ、頭まで、マグロに関するものはなんでも揃っています。

勝浦にぎわい市場市場の推しは天然の「本鮪」と「もち鮪」。もち鮪は、深海を泳ぐ100本に一本の希少なマグロ。身の粘り、もちもち感がハンパなく、濃厚な味が楽しめます。

屋外のウッドデッキで潮風に吹かれていただきます!

勝浦にぎわい市場

勝浦にぎわい市場

勝浦にぎわい市場厳選したこの日の昼食は、「元祖もち鮪丼」(1700円)、「大トロ3貫盛」(時価)「マグロの唐揚げ」(500円)に決定。店内でも飲食スペースはあるが、気持ちのいい日はぜひ、屋外のウッドデッキスペースで。観光船が行き交う勝浦湾を眺めて、潮風に吹かれながらいただきたいもの。

勝浦にぎわい市場

2もちろんお土産も忘れずに。マグロの希少な部位からマグロの頭まで揃っています。施設の奥にあるイベントスペースでは、生マグロの解体も見られます。まさにマグロ尽くしの1日を過ごせる市場なのです。

足湯で気軽に温泉気分

勝浦にぎわい市場併設されている、勝浦温泉の足湯「海の湯」へ。漁港を眺めながら、ほっこりしながら温まれます。無料のうえ、手湯や更衣室も設置されているので、時間がなくても気軽に温泉気分に浸れます。もちろん無料。

勝浦漁港のそばにある「にぎわい市場」でマグロ三昧【和歌山県那智勝浦町】

勝浦漁港にぎわい市場
〈住所〉   和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地7-12
〈電話番号〉 0735-29-3500
〈営業時間〉 8:00~16:00(OS15:30)
〈入場料〉  無料
〈駐車場〉  有料駐車場あり(2000円以上の飲食・買い物で1時間のサービスあり)、休日は那智勝浦町役場の駐車場も利用可(無料)
〈定休〉   火曜
〈公式サイト〉https://nigiwaiichiba.com/
〈インスタ〉 @katsuuragyokou_nigiwaiichiba
※実際に訪れる際には、公式サイトの情報をご確認ください。


※各都道府県が発表している外出自粛要請や都道府県間移動の自粛要請等をお守りいただき、お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保、マスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします。

*関連記事*

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】

LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加