冬の交通安全運動スタート 北署で和大生が一日署長

一日署長を委嘱された繁藝さん

子どもと高齢者の交通事故防止などを掲げる「わかやま冬の交通安全運動」が 1日から始まり、県内各所で啓発イベントが展開された。運動期間は10日まで の10日間。和歌山北署(東山一樹署長)では、市民に一日警察署長を委嘱。和歌山大学が ことし7月9日から10月12日までの100日間で行ったセーフティーラリー 参加者から選ばれた観光学部3回生の繁藝ひな子さん(21)に、東山署長から 委嘱状が手渡された。繁藝さんは、地元ののぞみ保育園の園児28人に、交通ルールを守るよう願い を込めた「こども免許証」を交付した他、パトロール出発式で警察車両を見送っ た。繁藝さんは「一人ひとりが交通ルールを守って事故に遭わないことを願いま す」と話していた。この日は、夕暮れ前に県庁前で県主催の同運動街頭啓発出発式も行われ、交通 事故のない社会に向けて機運を高めた。

関連記事

松の剪定で景観アップ 和歌浦で取り組み

伸び放題になっていた松(木村所長提供)古くから多くの歌人に愛され、万葉集にも詠まれてきた国…

記事元:わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね