元紀美野町議ら逮捕 PC入札で贈収賄容疑

紀美野町が発注した小中学校のパソコン購入の入札をめぐり、入札参加業者を町職員から聞き出した見返りに業者から現金10万円を受け取ったとして、県警捜査2課と海南署は1日、写真店経営の元男性町議(73)=同町小畑=をあっせん収賄容疑で、現金を渡した紀の川市桃山町調月の電気設備会社経営の男(62)を贈賄容疑で逮捕した。2人とも容疑を認めているという。

同課によると、元町議は町議在職中の平成25年12月下旬ごろ、26年1月10日に入札執行の「町立小中学校校務・教育用パソコン整備事業」の指名競争入札について、談合防止のために秘密事項とされている入札参加業者を町職員から聞き出して男に伝え、その見返りとして26年3月中旬ごろ、謝礼の現金10万円を受け取った疑いがもたれている。ことし秋ごろに男の談合情報を入手した県警が捜査を進めていた。

当時の入札は5社程度が応札し、男の会社が1451万円(予定価格1650万円)で落札したという。同事業は、26年4月にサポート期限が切れたウインドウズXPからウインドウズ7への切り替えのためだった。県警は、2人に余罪がないかについても調べるとともに、内部情報を漏らした当時の町職員(すでに定年退職)や、応札した他の業者についても任意の事情聴取を進めている。

記事元:わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。