真道ゴーが綱引き挑戦 31日の県選手権出場

大会に向けて意気込む達哉さん㊧と真道選手

県初のボクシング世界王者、真道ゴー選手(28)が綱引きに初挑戦する。紀陽銀行杯第33回県綱引き選手権大会(31日、紀の川市貴志川体育館)5人引きの部に、新チーム「ねこの手クラブ」のメンバーとして友情出場する。

同チームは真道選手、プロボクサー2人、ハンドボール経験者、レスリング経験者の計5人。南陽食品副会長の北畑充香さんが監督を務める。真道選手のジム仲間で、北畑さんの夫・達哉さん(56)が真道選手に声を掛けて実現した。

5人引きは今回新設された部門。真道選手は「綱引きは力任せではなく、足の位置や体勢など技術が重要なスポーツ。さまざまな場面をイメージして濃い練習をしている」と言い、「チームは全員、綱引き未経験だが、しっかりと勝ちにこだわりたい」と意気込む。

トレーナーを務める達哉さんは「真道選手が出場してくれるということでチームのムードも高まっており、予選突破を目指したい」と期待している。大会には全部門計73チームが出場。5人引きには30チームが出場し、総当たりの予選と本戦トーナメントが行われる。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね