駿河屋「わっふる」 再開1周年を記念

あんこと洋菓子がコラボ

昨年3月24日の再開から1周年を記念し、老舗和菓子屋「総本家駿河屋」(本社=和歌山市小倉)は10日、ベルギーワッフルとチョコレートの専門店「ベルクライン」(岩出市中島)と共同開発した純北海道産小麦、北海道バターを使った「わっふる」を新たな定番商品として発売する。

「チャレンジ」をテーマに開発した、駿河屋のあんこ入りワッフル。駿河屋の客層は60~70代が中心となっており、30~40代女性に人気のベルクラインとコラボレーションすることで若い客層にもアピールしていく。

販売は駿河屋の駿河町本舗、高松店、海南店、岩出店、ベルクライン、純喫茶リエール(和歌山市和歌浦中)の5カ所。味はこしあん、粒あんの2種類で、1個税別160円。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね