1126人に巣立ちの春 和歌山大学が卒業式

瀧学長から笑顔で学位記を受け取る卒業生

和歌山大学の卒業式が25日、和歌山市民会館大ホールで行われ、4つの学部生と大学院生合わせて1126人が新たな一歩を踏み出した。

式では瀧寛和学長が、各学部などの代表に学位記や修了証書を授与。式辞で、少子高齢化や人工知能技術の進歩などの社会情勢を挙げ「時代が要請する知識を継続的に学び続ければ、どのような変化にも対応できる。どんな環境、状況でも周りの人との関係を大切にしていただきたい」と激励した。

地元銀行へ就職する教育学部の津田幸さんは「親への感謝を忘れず、部活動で養った人との関わりを生かして頑張りたいです」と晴れやかな表情だった。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね