多彩にチューリップ見ごろ 亀池公園で

さまざまなチューリップが楽しめる

海南市阪井の亀池公園で、色とりどりのチューリップが咲き、来園者の目を楽しませている。

和歌山石油精製㈱(同市藤白)が昨年11月に植えた約9000個の球根が花開いた。同社は社会貢献活動の一環として平成19年11月から毎年、8000~1万個の球根を植えており、昨年で9回目。

赤や黄の花を咲かせる一般的な品種に加えて、白とピンクの花びらがかわいらしい「クリスピオンスイート」などの珍しい品種もあり、約15品種を楽しむことができる。

ことしも3月下旬から咲き始め、公園をにぎわせている。今月中旬にかけて白の花びらの先を紫が彩る「シャーリー」やボリュームのある「クールクリスタル」、濃いピンクの花びらをつける「チャト」などが見ごろを迎える。

同社社会貢献委員会の平林三佳(みつよし)さんは「さまざまなチューリップを楽しんでください」と来園を呼び掛けている。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。