パラ五輪陸上代表候補が合宿 14日~田辺

強化合宿が行われる田辺スポーツパーク

パラリンピック陸上競技のナショナルトレーニングセンター(NTC)に指定されている田辺市の田辺スポーツパークで14~18日、日本代表候補選手の強化合宿が行われる。歓迎セレモニーや地元中学生との交流などが予定されている。

同パークは、開幕まで3カ月を切ったリオデジャネイロパラリンピックに向けた陸上競技の強化拠点となる。パラリンピック競技単独のNTC競技別強化拠点施設としては国内初の指定を受けた。

今回の強化合宿には選手19人が参加予定。15日に公開練習や歓迎セレモニー、地元田辺市内の中学生と選手の交流、パラ陸上の体験などの行事があり、18日には記録会を行う。

NTC指定を受け、同パークが優れたトレーニング環境を有することを国内外にアピールでき、今回のような合宿実施により、県内の競技者や指導者がトップレベルのトレーニングメニューや指導方法などを学ぶ機会が得られること、パラリンピアンとの交流を通じて障害者スポーツに対する県民の理解が深まることなどが期待される。さらに、2020年の東京五輪・パラリンピックへの機運も高まるとみられる。

今回の合宿参加予定選手は次の通り。
【男子】芦田創(走幅跳)▽上与那原寛和(千五百㍍)▽大井利江(砲丸投)▽久保恒造(五千㍍)▽佐藤友祈(四百㍍)▽鈴木徹(走高跳)▽永尾嘉章(百㍍)▽西田宗城(マラソン)▽野田昭和(四百㍍)▽樋口政幸(八百㍍)▽松永仁志(同)▽山本篤(走幅跳)
【女子】大西瞳(百㍍)▽北浦春香(同)▽木山由加(同)▽高桑早生(走幅跳)▽高松佑圭(四百㍍)▽田中照代(百㍍)▽中山和美(八百㍍)

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。