金メダル田中選手の展示 スポーツ伝承館

金メダル獲得を受けて設置された特別展示スペース

リオデジャネイロ五輪が22日(日本時間)に閉幕した。史上最多41個のメダルを獲得した日本選手団の活躍の中でも特に日本中を沸かせた一つが、県出身の田中佑典選手(26)=コナミスポーツ=らが獲得した体操男子団体の金メダル。和歌山市本町の「わかやまスポーツ伝承館」(フォルテワジマ3階)は、田中選手の特別展示スペースを設置し、偉業をたたえている。

同館入り口付近に「おめでとう」などと記した看板を掲げ、ショーケースの中には、ロンドン五輪で着用したユニホームや銀メダルの他、リオ五輪の出場を決めた際のメダルなど数々の栄光の証しを飾っている。

同館によると、近日中にリオ五輪で獲得した金メダルの展示について交渉する予定。郷土選手の貴重な金メダルを地元で見られる日が来るかもしれない。

開館時間は午前10時から午後7時(最終入館は6時半)まで。問い合わせは同館(℡073・423・2215)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。