高校生が元気に販売 市高デパート大盛況

買い物客に笑顔で応対する生徒

和歌山市立和歌山高校(同市六十谷、山本昌之校長)で19日、毎年恒例の「市高デパート」が開かれ、校内はたくさんの店舗と来場者でにぎわった。

20日まで。40回目となる今回は47店舗が出店し、人気の商品や2日間限定の商品など1000種類が販売された。

開店に先立ち生徒デパート委員会の委員長、3年の和田勝海君が「40回目を迎え、感謝の気持ちで精いっぱいやりたい」と意気込み、原一起同市教育長は「この日まで準備してきた生徒が元気に頑張るので、お客さまにはたくさん買ってもらえたら」とあいさつした。

開店するとそれまで降っていた雨がやみ、人気商品のサケやハクサイなどに来場者が殺到。会場は生徒と買い物客の声で一気ににぎわった。また、近隣の有功東小学校の5年生も出店し、自分たちで育てたサツマイモで作った芋ようかんを販売した。

来場した同市の男性(77)は「サケや黒豆などが安く買えるので、毎年来ている。楽しみにしているので、こうして長く続けてくれるのはありがたい」と話した。

午前9時半から午後0時半まで。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。