お城の「桜まつり」延長 ライトアップも

夜桜や屋台でにぎわう和歌山公園(10日)

桜の開花が例年より遅れ、見ごろが続いていることに合わせて、和歌山市は16日まで、和歌山公園の「桜まつり」を延長している。

当初は9日までの予定だったが、今週末ごろまで花見が楽しめる見込みであることから、1週間の延長を決めた。

約600本の桜がある園内では、桜のライトアップの他、ボンボリ100個、ちょうちん400個が設置され、昼も夜も多くの花見客でにぎわっている。

問い合わせは市和歌山城整備企画課(℡073・435・1044)まで。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね