生石高原山開き 行楽シーズンの安全祈願

笠石から行われた餅投げ

春の行楽シーズンを迎え、紀美野町と有田川町にまたがる県立自然公園「生石高原」(標高870㍍)で4月29日、登山者の安全を祈る山開きが行われた。

同公園は避暑地やススキの名所として知られ、年間約6万人が訪れる観光スポット。山開きは同高原観光協会、両町などが主催し、観光客の安全を祈るため、毎年行っている。

笠石付近で式典があり、行政、消防、観光、住民団体などの関係者が出席し、登山者の安全を祈願する神事が行われた。

また、登山者や家族連れら約1000人が集まる中、寺本光嘉紀美野町長らによる餅投げが行われ、盛大に行楽シーズンの到来を喜び合った。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。