リーグ優勝に黄信号 アルテリーヴォ4連敗

堤がチーム3節ぶりのゴールを奪うも及ばず

関西サッカーリーグ1部は8、9の両日、各地で第9節の3試合が行われた。アルテリーヴォ和歌山は9日、ホームの紀三井寺陸上競技場でTIAMO枚方と対戦。前半に先制点を許すと、後半も開始早々に続けて失点するなど1―3で敗れ、連敗を止められなかった。

初のナイター試合を勝利で飾れず、4連敗を喫した。前半13分に失点したアルテリーヴォは、サイド攻撃からゴールを狙ったが決定機をつくれずに前半を折り返した。後半開始早々、枚方のカウンターに対応できず2点目を失うと、その2分後にも続けて失点。同7分にFW堤、MF岩宗を投入して果敢にゴールを狙ったが、反撃は堤の1点にとどまった。

リーグ成績は5勝4敗で4位。チームは3節ぶりのゴールを挙げたが、前期から続く連敗を食い止められずリーグ3連覇に黄色信号が灯った。首位のアミティエとの勝ち点差は「5」に広がった。

次節は8月26日、西京極陸上競技場でレイジェンド滋賀(8位)と対戦する。午前11時半キックオフ。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね