生石高原山ろく祭り 8月5日住民ら開催

有田川町と紀美野町にまたがる生石高原の山ろく地域を元気にしようと、住民が8月5日午後0時半から、紀美野町花いちばん(大角)で「生石高原山ろく祭り」を開く。

発起人は、有田川町の林口秀司さんと山を挟んだ紀美野町で暮らす美濃良和さん。シシトウやトマト、サンショウなどの農作物の栽培がさかんな同地域だが、高齢化と過疎化により取り巻く環境は年々厳しさを増しているという。「だんだん人が減って暮らしにくい。この地域を何とかしよう」と1年前、「生石高原山ろくで元気に暮らす会」を立ち上げた。祭りは昨年に続き2回目。草や葉っぱで身近な生き物をつくる「子ども広場」や、午後0時半から自然豊かな園内での「野山を歩こう・走ろう」、4時半から歌手の高石ともやさんのコンサート(参加費2500円)がある。6時からは交流バーベキュー(同3500円)もある。

当日はアンケートを配り、高齢者施策や地域活性化のためにどのような取り組みが必要か意見を募る。同会は「厳しい環境の中で先祖が切り開いてきた地域を廃れさせるわけにはいかない。皆が暮らしやすい地域になるよう知恵を出し合いたい」としている

イベントの参加は事前に申し込みが必要。要入園料(200円)。申し込み、問い合わせは林口さん(℡090・3672・1248)、Eメールは(cfdhw900@jtw.zaq.ne.jp)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね