子ども職業体験 22日海南ハタラコモール

さまざまな体験ブースが並ぶ(同プロジェクト提供)

子どもが主役の職業体験型イベント「ハタラコモール」が22日、和歌山県海南市名高の海南駅前商店街で開かれる。

海南駅前一番街商店街と中央通り商店街でつくるサンサンタウン会が主催。まちづくりに取り組む有志でプロジェクトを立ち上げ、準備を進めてきた。同市など後援。

「こどもを地域が育む」をテーマに、地元の仕事や働く大人の姿を子どもたちに知ってもらい、楽しく交流しながら地域への愛着を深めてもらおうと開き、3回目。

イベントでは事前に公募した小学生6人が海南駅員の仕事を体験。その他、子どもたちが店長になり、自分のお店づくりや販売を体験するフリーマーケットが並び、地元の食を紹介するコーナーでは、海南の食材を使った「海南御膳」を弁当で提供。ラテアートやアイシングクッキー、ピザ作りなど、当日参加可能なワークショップブースが並ぶ。

ハロウィーンにちなみ、仮装での参加も歓迎。「お菓子の街・海南」のイメージキャラクター海(かい)ニャンも来場。商店街の空に傘のアーケードをつくる「傘アートプロジェクト」も同日開催される。

午前11時から午後4時まで。小雨決行。荒天中止。問い合わせはハタラコモールプロジェクトの日口(ひぐち)さん(℡090・1716・2302)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね