黄金色に染まる高原 生石山のススキ終盤

一面が黄金色に染まったススキの原

和歌山県紀美野町と有田川町にまたがる生石高原で、関西一の名所として知られるススキの見頃が終盤を迎えている。
標高870㍍に位置する約27㌶の高原に広がる一面の群生は、開いた白い穂が陽光に照らされて輝き、吹き渡る風に揺られ、波のようにうねっている。晴れた日の夕暮れにはススキの原も空も黄金色に染まり、荘厳な光景が広がる。
平地より気温は低く、高原には冬の気配が感じられるが、訪れる人は多い。ゆっくりと散策を楽しみ、高原のデッキからススキを見渡すなどし、輝く穂を背景に写真撮影するコスプレーヤーの姿も見られた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね