31日夜は皆既月食 みさと天文台でイベント

月が地球の影に全て隠れる皆既月食が31日夜に観測され、本紙エリアでも赤銅色に染まった満月が夜空に浮かび上がる天体ショーが期待されている。
日本で見られる皆既月食としては2015年4月4日以来、3年ぶり。今回は継続時間の長さが特徴で、午後8時48分から部分月食が始まり、9時51分から11時8分が皆既月食の時間帯。前回の12分に対し1時間17分と長く楽しめる。
和歌山県紀美野町松ヶ峯のみさと天文台では午後7時半から11時半ごろまで特別観望会を開き、街中では見られない「赤い月と天の川の競演」を楽しもうと参加を呼び掛けている。皆既月食の解説の他、同天文台と老舗和菓子店「ふく福団子」(和歌山市)が共同開発した「元祖皆既月食饅頭」やうどんの販売もある。
気象予報会社の㈱ウェザーニューズによると、31日夜は日本海側は雪雲が広がりやすいが、太平洋側は晴れて観測には好条件となる予想。同社は皆既月食の様子を同日午後8時15分から11時15分まで生中継し、同社ウェブサイトや動画サイトのユー・チューブ、ニコニコ生放送などで配信する。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。