早咲きの河津桜が満開 和歌浦8の字公園で

濃いピンクの花が満開の河津桜

和歌山県和歌山市和歌浦南の8の字公園で、早咲きの桜の品種である河津桜が満開になっている。
同公園を整備する「8の字会」がソメイヨシノとともに20年ほど前に植えたもの。毎年3月ごろからソメイヨシノより先に満開の花を咲かせる。
河津桜はもともと静岡県河津町で発見されたオオシマザクラとカンヒザクラの自然交配種で、濃いピンクの花が特徴。
3月に入った当初はほとんどがつぼみだったが、気温が10度を超えて温暖になったことにより一気に開花したとみられている。

同会では桜の他、季節ごとに公園内の花を植え替えており、現在は色とりどりのパンジーも楽しめる。河津桜の見頃は今月中旬まで。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。