健康をテーマに学び、体験する「みんなの健康フェア2018」開催

出典:photoAC

昨年11月に創刊した、和歌山の健康づくり情報紙「リビけん」(発行=和歌山リビング新聞社)。リビけんプレゼンツのイベント「みんなの健康フェア2018」を、3月25日(日)10:00~16:00に、和歌山県JAビル(和歌山市美園町5-1-1)で開催します。

2階の体感コーナーには、健康をテーマにしたさまざまなブースが集合。無料でいろいろな体験ができたり、健康に関する最新情報が得られたりと、行って楽しく、役に立つブースがたくさん出展します。

11階の無料健康セミナー会場では、健康にまつわる専門家が最新の健康情報などを教えてくれます。

10:20からは和歌山ろうさい病院病院長の南條輝志男さんが「食育 すごいぞ、野菜の底力!!」と題して講演。13:00からは橋本市民病院脳神経外科部長の大饗義仁さんが「今から始めよう!認知症予防のために」の講演を行います。他にも、役立つセミナーが目白押し。各セミナーとも全て参加無料ですが、事前申し込みが必要です。

また、来場者プレゼントや、パールロングネックレスや天然石ブレスレット(ともに提供:MINAKATA GEM)など豪華景品が当たる「ガラガラ抽選会」、新鮮な野菜や果物などを販売するJAわかやまの愛菜てまりっこを実施。さらに、話題の人型ロボット「Pepper」もやってきます。

2Fでは、ハンドエステ、肺年齢測定、骨密度測定、血圧測定、身長・体重測定、体脂肪測定、健康相談など、様々な企業・団体のブースが盛りだくさん。

【セミナー応募、問い合わせ】

■みんなの健康フェア2018のホームページ
http://liviken.jp/minnanokenko/

073-428-0281 和歌山リビング新聞社(平日9:30~18:30)

応募締切/3月16日(金)まで
※応募多数の場合は抽選、当選者には後日詳しい案内状を送付

記事元: ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。