漫画「CICADA シカーダ」トーク&サイン会  7月22日(日)に宮脇書店和歌山店で

7月22日(日)午後3時~5時、「君は、和歌山の“バナーイ”という漫画家を知っているかね!?~『CICADA』原作・山田玲司と作画・バナーイ氏の地元トーク&サイン会」が、宮脇書店和歌山店(和歌山市広瀬)で開かれます。「月刊スピリッツ」で連載中、漫画が禁止された未来を描く「CICADA」。原作者で、「B‐バージン」「絶望に効くクスリ」「ゼブラーマン」などで知られる山田玲司と、作画担当、和歌山市出身・在住の漫画家・バナーイが登場。同書店の西田聡さんを交え、作品の舞台に使われた和歌山の場所についてや創作の裏話など、多彩なトークを繰り広げます。イベントの様子は、動画共有サービス・ニコニコ生放送の番組「山田玲司のヤングサンデー」で配信予定。参加には整理券が必要。整理券は同店で「CICADA」を購入した人に配布。全巻購入でサイン色紙のプレゼントも。

とき:7月22日(日)午後3時~5時
ところ:宮脇書店和歌山店(和歌山市広瀬中ノ丁2丁目97)
【問い合わせ】073-422-2151 宮脇書店和歌山店

 

記事元:わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。