地元の鮮魚販売が大人気 よってって新店舗

大盛況の鮮魚コーナー

農水産物直売を手掛ける「産直市場よってって狐島店」(岩原美儀店長)が26日、和歌山県和歌山市狐島にオープンした。

新店舗で特に力を入れている鮮魚コーナーには、近郊の港で揚がった魚がずらり。午前9時の開店を前に入り口に並んだ大勢の客は、思い思いに手に取っては、次々と買い物かごに入れていた。

鮮魚コーナー「漁師さん直送!魚の産直」に並ぶのは〝和海(わかい)もん〟と呼ばれる加太・西脇・雑賀崎・和歌山北・和歌浦・海南市各漁業協同組合の共同ブランドの魚。岩原店長(54)によると、以前は港でしか買えなかったが、2年前から順次貴志川、岩出店で取り扱いを始め、魚種が豊富で下処理をしてもらえることが消費者に好評という。

この日は田ノ浦や和歌浦、雑賀崎漁港などで取れたハモやイワシ、ガシラ、カレイ、アカシタビラメなどが並び、売り場の松場宏明さん(48)は「地元のお魚やで~、どうぞ~」と威勢よく客に声を掛けていた。開店から約30分で、売り切れる品があるほど盛況だった。

松場さんは「漁師からさまざまな種類の魚が消費者に直接届けられ、両者に喜ばれる販売方法だと思う」と話し、同市市小路の79歳の男性は「小エビが安いからかき揚げをたくさん作ります」と買い込んでいた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。