「第6回紀州夢祭り~笑顔を繋ぐ~」プロジェクションマッピングも実施

和歌山を愛する20代のボランティアが運営する毎年人気のイベント「紀州夢祭り」。9月16日(日)11:00~20:00、和歌山城砂の丸広場と西の丸広場で開催される。入場無料。雨天決行。

今年のコンセプトは、和歌山県がさらに笑顔と活気にあふれる街にしたいという願いを込めて、「笑顔を繋ぐ~NO DREAM NO LIFE~」。和歌山ゆかりの人気者が集合し、さまざまなイベントやブースで楽しめる。

さらに、今年初となる夜の特別企画で、プロジェクションマッピングを実施。阪南大学との共同で、砂の丸広場の石垣に投影。美しい映像は必見!

主催者は「笑顔はすぐにでき、人にも自分にもプラスの作用があります。和歌山の人が笑顔にあふれれば、街は明るくなると考えています。そして『夢祭り』を通して、夢を持つ大切さや、夢を持つきっかけ作りになれば」と話す。

 

★飲食・物産

地元で人気の飲食店や物産ブース。「こども食堂」(初開催)は、和歌山県産の食材を使い一緒に楽しめる。

★職業体験

警察や消防など働く車、農業体験など、さまざまな仕事がリアルに体験できるブース。

★アーティストステージ

本谷紗己などプロモデルが登場するファッションショー、シンガーやマジシャン、ダンサーがステージを盛り上げる。

★アスリート

野球や体操、競輪、ラグビーなど、和歌山県出身のスポーツ選手と楽しく触れ合え、体験できる。桐蔭中学・高等学校の科学部によるロボットを使ったサッカー競技も。

 

 

 

 

記事元: ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。