和歌山ニュース 関西WMGを盛り上げ 公式キャラが県訪問

関西WMGを盛り上げ 公式キャラが県訪問

公開日 2016.05.26 更新日 2016.05.25

「関西ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021大会」の成功に向けて24日、大会公式マスコットキャラクターの「スフラ」が県庁を訪れ、県PRキャラクター「きいちゃん」を表敬訪問。仁坂吉伸知事と記念撮影するなどし、大会をアピールした。

WMGは30歳以上を対象とする世界最高峰の生涯スポーツの国際総合競技大会。4年ごとに開かれ、関西WMGは2021年5月15~30日に関西一円で開催される予定で、ことし10月に競技種目と会場が決定する。

スフラはWMGの広報のために参加自治体を訪問しており、今回の和歌山訪問はその第1弾。

県庁記者会見室で行われたセレモニーには仁坂知事も立ち会い、記念品を交換した。スフラは仁坂知事にぬいぐるみを、きいちゃんにスフラ関連グッズを贈呈。仁坂知事ときいちゃんからは「スポーツ中の塩分補給に使ってほしい」と、種抜き梅干し「ウメパワプラス」(紀州梅の会提供)がスフラに贈られた。