和歌山ニュース 山東地区の裸詣り 1月13日伊太祁曽神社

山東地区の裸詣り 1月13日伊太祁曽神社

公開日 2019.12.23 更新日 2022.12.15

健康健脚を祈願する「裸詣り」が1月13日、「いいとし」を願って午前11時14分から和歌山県和歌山市の山東地区で行われる。

戦前、同地区の成人儀礼として行われていた行事を山東まちづくり会が復活させたもので、伊太祁曽神社から足守神社、伊太祈曽駅を通って伊太祁曽神社に戻る4・1㌔のコースを走り、注連縄を奉納する。男性は上半身裸、女性は白いシャツを着用する。

午前11時集合。雨天決行。健康なら誰でも参加可能。参加無料。完走後はおにぎりと汁物が振る舞われる。新成人には、たけのこまんグッズをプレゼント。

申込用紙に必要事項を記入して、同会「裸詣り」係へFAXする(FAX073・478・2636)。名前、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスを明記してメール、はがき(sandomachikai@gmail.com、〒640―0301和歌山市木枕27の1)でも可能。1月10日締め切り。ふんどし、地下足袋希望の場合は12月28日まで。ふんどし(越中、六尺)は1600円、地下足袋は3300円。

詳細は同会の吉田さん(℡090・5159・1235)。