和歌山ニュース 医療強化や事業者支援 県のコロナ対策予算案

医療強化や事業者支援 県のコロナ対策予算案

公開日 2020.04.18 更新日 2022.12.15

和歌山県は17日、新型コロナウイルス対策の2020年度一般会計補正予算案を発表した。感染拡大が続く中、医療提供体制の整備や中小企業の資金繰り支援などを行うため、総額113億9280万2000円を増額する。補正後の一般会計は6021億127万3000円。22日開会の臨時県議会に提出する。

補正予算案の主な事業は、患者に対応する医師や看護師などに特別手当を支給する医療機関の支援などに3億1905万円▽軽症者や無症状者を受け入れるための宿泊施設借り上げなどに7億1677万5000円▽感染症指定医療機関などで感染症病床を確保するための体制整備支援などに5億6590万7000円▽PCR検査の実施に必要な試薬類や機器の購入に1億1439万8000円▽専用相談窓口の体制強化やテレビ、ラジオでのCM放送による感染症対策の周知、啓発に8116万1000円▽中小企業に対する制度融資の融資枠拡大や無利子融資を行うための利子補給に72億9400万円▽収入が減少した世帯に資金を貸し付けるための生活福祉資金の貸付原資増額に2億5900万円▽県立学校でのタブレット端末の導入や通信機器の購入などオンライン学習の環境整備に2億6191万8000円――などとなっている。

歳入の内訳は、国庫支出金が50億8000万円▽諸収入が62億2600万円▽繰入金が8600万円――。歳出の内訳は、医療提供体制の整備と感染拡大の防止などが34億8700万円▽雇用の維持と事業の継続などが75億6200万円▽学校再開に向けた取り組みなどが3億4500万円――となっている。