ロカルわかやま

Loading Loading...

和歌山ニュース 吉永さん迎えて 山田洋次監督最新作上映会

吉永さん迎えて 山田洋次監督最新作上映会

公開日 2023.08.28

山田洋次監督、吉永小百合さん主演の最新作『こんにちは、母さん』の特別先行上映会が23日、和歌山市松江のジストシネマ和歌山で開かれた。映画『男はつらいよ』に登場する人情あふれるまちづくりを目指す「わかやま寅さん会」(西本三平代表)が主催。舞台あいさつには、山田監督と吉永さん、出演する北山雅康さんが登場。撮影秘話を紹介し、ファンとの交流を深めた。

【写真】山田監督㊥と吉永さん㊨、北山さん

映画は山田監督の90作目となる最新作で、9月1日に全国公開。東京下町で老舗の足袋屋を営みながらボランティア活動に励む吉永さん演じる女性と、大泉洋さん演じる息子らのふれあいの物語。『母べえ』『母と暮らせば』に続く、吉永さんの集大成ともいえる「母」三部作シリーズとなっている。

上映会には1部と2部合わせて800人が来場した。

西本代表は「映画を通して地元で頑張っているお店を応援したい。今後も続けてまいりたい」とあいさつ。その後、山田監督ら3人が登壇。北山さんが「警察官役は僕ですよ。分かりましたか?」と会場を盛り上げ、山田監督は「市民の力で出来上がった上映会は他にはない。暑い中、本当によく来てくださりお礼申し上げます」と感謝。吉永さんは「和歌山に来たのは2度目。きょうこんなに大勢の方たちに見ていただきましてとてもうれしいです」と笑顔で話した。和歌山市出身の照明スタッフ、土山正人さんもあいさつした。

トークショーで、吉永さんとタッグを組むことになった感想を聞かれた山田監督は「企画の段階で小百合さんしかできない役だと思ったけど、大学生の孫がいる設定。小百合さんをおばあちゃんと呼んで良いのかしらと恐る恐る相談した」と話し、吉永さんは「大丈夫です。やります。と答えました」とにっこり。「こんなきれいなおばあちゃんがいていいものか」と山田監督は絶賛していた。

また、吉永さんは「元陸上の選手だった役だったので、ぱっぱか歩いていたら監督にもう少しゆっくり歩いてくださいと叱られた」と監督とのエピソードを笑顔で話した。

他にも、出演者の宮藤官九郎さんやYOUさんへのオファーの経緯、是枝裕和監督が現場に見学に来たことなども明かされた。

山田監督は「映画館で見知らぬ人と一緒になって映画を見て大声を上げて笑ったり涙を拭いたりするという楽しみをどうか忘れないで。それにふさわしい作品を僕たちは作り続けていかないといけない。これからも日本の映画をよろしくお願いします」と話し、吉永さんは「手作りの会、本当にすてきです。ありがとうございました」と締めくくった。

同会は、山田監督の大ファンで監督と30年以上親交のある西本代表が中心となり、2013年に発足。まちの活性化につなげようと山田監督の映画の上映会を開き、今回が4回目となった。