和歌山県の変わったポスト6選

和歌山県には、テレビなどのメディアでも話題になったすさみ町の海底ポストの他にも、一般の物とは少し変わったポストがいろいろあるのを知っていましたか?今回は、不思議な物からかわいい物まで、和歌山にある変わり種ポストをいくつか紹介します!

有名な和歌山のポストといえば!

海底ポスト

83e99220-7def-4404-a043-855a8b6af1a3

・世界一深い海中ポストへハガキを投函しよう!
・テーブルサンゴの上を、のんびり泳ごう!

・12歳以上&初心者から参加OK!
施設のすぐ目の前にあるポイントで体験ダイビング!水面からもポストの位置が分かり、漁礁の縁をたどっていけば必ず到達できるので、どなたでも手紙を投函することができます。特別な体験を楽しみましょう!

ポストにたどり着く前には、珊瑚礁をすみかとするたくさんの生き物たちがお出迎え!まるで「海の中の森」のようなテーブルサンゴの姿も、ぜひじっくりとご覧ください!
海中ポスト専用ハガキは、当ショップにて1枚200円で販売!(切手コミ)回収されたハガキは、すさみ郵便局から全国・全世界に発送されます。海の中から届くロマンチックな手紙は、大切な方へのサプライズメッセージにピッタリです。

出典:アソビュー

海底ポスト(かいていポスト)は、海底に設置されている郵便ポスト。海中郵便ポスト、海中ポストとも呼ばれる。日本では和歌山県すさみ町、静岡県伊東市、沖縄県那覇市に設置されている[1]。

1999年4月に南紀熊野体験博でのイベントの一つとして、和歌山県すさみ郵便局局長の発案で設置された郵便ポスト[2]。設置場所は、和歌山県すさみ町の枯木灘(かれきなだ)海岸、岸から100m、水深10mの海底にあり[3]、郵便ポストは、昔ながらの円柱形の丸ポスト(郵便差出箱1号)である[3]。

実際に投函されたハガキは地元のダイバーが毎日回収し、日本郵便株式会社を通じて全国に配達される[3]。1日平均10通、週末や夏休みには多い日で50通のハガキが投函され、年間投函数は1000通近くに上る[3]。

出典:Wikipedia

 

「くじらの町」太地町にあるかわいいご当地ポスト

バンドウイルカのポスト&クジラのポスト

d035a25c0204a78254fbefbd094de86e-600x450 818a059b3add94088f9bbed861d23258-600x450

8月7日 バンドウイルカをモチーフにしたご当地郵便ポストが設置されました。 道の駅にご来館の記念にスナップ写真等にご利用ください。 出典:道の駅たいじ

5f5ef3743c7ca

出典:trico   太地町立くじらの博物館前にあるクジラのポスト

ジオサイト間近にある、恋人たちのためのポスト!?

ピンクのポスト

entry_image_6149_cf-image1 出典:穴場和歌山

おはようございます! 三段壁に恋人の聖地認定記念のピンクのポストが設置されました♪ 6月12日(日)に開催される認定記念イベントでは、10:30から先着200名様に限り、無料で絵葉書に記入し、投函できるコーナーも設置されるそうです♪ また、三段壁売店では、 ・三段壁の景色の写真のポストカード(1枚30円、12枚1セット300円) ・レトロイラストポストカード(1枚30円、16枚1セット400円) の二種類のポストカードが販売されています♪ 特にレトロイラストポストカードは、古い絵柄や字体が使われていて、とてもおもしろいですよ! 出典:じゃらん

L3483850003914815 L3483850003914814

出典:じゃらん

 

和歌山県庁近くにある、ノスタルジックなポスト

青いポスト

a95af7d3bec542b06dfb122f9e351a312f05b8a9

出典:地球の歩き方

実はこのポスト、1990年に大阪・鶴見緑地にて開幕した「万国花の博覧会」いわゆる「花博」の置き土産なのである。使い方も通常のポストと同じなので心配は無用。霊界にも異次元にも届かないのでご安心頂きたい。

花博会場では青空をイメージした青色のポストを特例的に採用していた。花博会場内で販売されていた記念絵葉書などをその場で宛先・メッセージ等を記入し、そのまますぐ投函できるようにしていたが、閉幕後もったいないのでそれら9基を再利用するため近畿各地に譲渡している。そのうちのひとつが和歌山県庁の真向かいにある、県民文化会館いわゆる「県文」前(和歌山市小松原通)に設置されているのだ。

出典:和歌山ミステリーファイル

 

 

世界遺産・熊野本宮大社にある黒いポスト

八咫烏ポスト

43461532_624 (1)

出典:フォト蔵

当社の社務所前にある、多羅葉たらようのご神木の下に、黒い八咫烏ポストが設置されています。
黒は全ての色を合わせた尊い色であり、神の遣いである八咫烏の色、本宮の大地を象徴する神聖な色でもあります。また多羅葉の木は、葉の裏に爪などで文字を書いていたことが葉書の語源となり「葉書の木」「手紙の木」とも呼ばれています。

社務所では、葉書として投函できる八咫烏ポスト絵馬を販売しております。

出典:熊野本宮大社

post01

出典:熊野本宮大社

 

ライタープロフィール

【geek】
和歌山県出身在住でありながら、知らないこともまだまだあるので、新たな発見をたくさ
んの人と共有したいです。

【関連記事はこちら】
↓↓↓

海の生き物たちの世界をのぞきに行こう!和歌山の水族館・博物館5選

和歌山の美しい海を間近で観察できるおすすめの水族館・博物館を紹介します。すさみ町…

絶景を堪能!和歌浦のオススメ観光スポット【和歌山】

和歌浦(和歌の浦)とは、『万葉集』にも詠まれた古の時代から存在する風光明媚な景勝…

【和歌山県】有田観光ホテルにあった「宇宙アポロ風呂」ってなんだ?

有田市宮崎町にある「有田観光ホテル」に、お風呂が備わったロープウェイがあったそう…

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】

LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加