カフェ 話題の夜カフェ! スイーツが楽しめるお店9選【和歌山市】

話題の夜カフェ! スイーツが楽しめるお店9選【和歌山市】

公開日 2023.01.13 更新日 2023.01.20

今、若者の間で最もホットな夜遊びスポットといえば、深夜まで営業している“夜カフェ”。
二次会にぴったりなスイーツが充実したカフェや、おしゃれな雰囲気が楽しめるカフェなど、和歌山市内の話題店&おすすめ店を9軒ご紹介します。

かわいい見た目に思わずパシャリ
手作りにこだわる実力派

Lumie’re(ルミエール)cafe&sweets

モンブラン、クレープ、ミニソフトなど、女子たちの心くすぐる華やかなスイーツがずらり。店内では、熱心に撮影する姿があちこちに…。スイーツ男子な店主のこだわりは、“手作り”を提供すること。食材の仕入れから分量、製法まで独自で作り上げた自信作がそろいます。季節ごとに登場する限定商品は、インスタでチェックしてくださいね。

甘さ控えめの生地が、具材の味わいを引き立たせます。「ベリーベリーベリー」(ドリンク付き1500円)。

和栗を使ったクリームを生搾り。クリーム下は、パイかアイスから選択できます。ドリンク付きで1800円。

名称 Lumie're cafe&sweets (ルミエール カフェ&スイーツ)
所在地 和歌山県和歌山市美園町5-3-5
電話番号 073-488-9899
営業時間 12:00~23:30(OS23:00)
※土・日曜、祝日はOS23:30
定休日 無休

ムードのある落ち着いた空間で
見て・食べて楽しめる一皿を

BISTRO10(ビストロテン)

フレンチと肉料理をベースに、シェフの巧みなアレンジ料理が楽しめるビストロが、夜中になるとカフェ&バーに変身。ディナー営業後に照明をグッと落とし、ナチュラルな店内が落ち着いた雰囲気に。スイーツを注文すれば、食べるのが惜しいくらいかわいく彩られた一皿が登場。なかでも「バスク風チーズケーキ」が人気です。

「バスク風チーズケーキ」(600円)。ケーキ屋さん顔負けのハイレベルな一品。

「ほうじ茶ブリュレ」(600円)。季節に合わせてメニューの変更があります。

名称 BISTRO10(ビストロテン)
所在地 和歌山市田中町2-20 シェトワ城東102
電話番号 073-488-4348
営業時間 11:30~15:00(OS14:00)
18:00~OS22:00
※夜カフェ金~月曜の22:00~翌2:00
定休日 水曜、日曜のランチ

イートインだけのお楽しみ!
焼き菓子を使ったぜいたくパフェ

駅前カフェ ちえのごはん

イギリスヴィンテージな店内で、夜のティータイムを。店主・ちえさんが手作りする焼き菓子は、ブラウンシュガーやバターを惜しみなく使ったリッチな味わい。注目は、イートインでしか味わえないパフェです。「かわいいものが大好き」という、ちえさん渾身(こんしん)の盛り付けは、そのときどきで変化。注文後のお楽しみ!

「ラム酒ケーキと季節のフルーツのパフェ」(1200円)。キャラメリゼしたくるみがアクセントに。

「シナモンロール」(ドリンク付き800円)と、てんさい糖のクッキー(150円~)はファンも多い商品。

名称 ちえのごはん
所在地 和歌山市杉ノ馬場2-79
電話番号 090-6558-3232
営業時間 13:00~23:00
定休日 火・水曜

ストリートカルチャーに触れ
音楽とスイーツでリラックス

Jamroya COFFEE(ジャムロヤコーヒー)

ストリートカルチャーと喫茶店を掛け合わせた “ネオ喫茶”。営業時間が長く、食後に最適なサイズのスイーツが食べられるので、2・3軒目に訪れる人が多いとか。イチオシは、レーズンを忍ばせた生地がポイントの「チーズケーキ」と、濃厚さが自慢の「チョコレートブラウニー」。心地よく流れる音楽に、耳を傾けながら堪能してください。

「チーズケーキ」(500円)と「チョコレートブラウニー」(530円)。ランチやディナーとセットで注文の場合は、+350円で食べられます。

名称 Jamroya COFFEE(ジャムロヤコーヒー)
所在地 和歌山市本町1-1 サンケイ京橋ビル2・3階
電話番号 070-1848-3690
営業時間 11:00~15:00(OS14:30)
18:00~翌2:00(OS1:30)
定休日 木・日曜

鉄道カフェの“夜の顔”
月明かりの下で味わうフロートとは

スハネフ14-1

日本のアマルフィ・雑賀崎が一望できる鉄道カフェ。頭上には鉄道模型が走り、列車の走行音に耳を傾けながら、まったりした時間が流れます。太陽の光がさんさんと入る昼間の店内は、夜になると一変、月明かりに照らされ幻想的な雰囲気に。あすか、885系など…列車をモチーフにしたオリジナルフロートは必ず頼みたい一杯。「こがしシフォンケーキ」(450円)や「チーズケーキ」(500円)など、手作りスイーツも楽しめます。

青は、店名にも掲げる列車がモチーフの「スハネフフロート」。黄色は「ドクターフロート」(各550円)。

名称 スハネフ14-1
所在地 和歌山県和歌山市雑賀崎1827-1
電話番号 073-488-7223
営業時間 12:00~23:00(OS22:00)
定休日 木曜

心も体も満たされるヘルシーな一品
夜中に食べても罪悪感はゼロ?

BERBER kitchen(ベルベルキッチン)

卵・砂糖・乳製品・小麦粉不使用、非加熱で作る冷た~い「ロースイーツ」。ヘルシーで体に優しく、“罪悪感ゼロスイーツ”だと話題になりました。生カシューナッツを使った土台に、メープルシロップとレモンで漬けたリンゴをバラのようにトッピング。アイスケーキのような軽い口溶けが楽しめます。夜カフェは金曜営業のみ、要予約。

「サンマリノRawアップル」(550円)のほか、4種類のロースイーツがあります。

酵素とミネラルを豊富に含んだはちみつで作る「ワイルドハニーティ」(550円)。

名称 BERBER KITCHEN(ベルベルキッチン)
所在地 和歌山県和歌山市元寺町3-20
電話番号 070-3812-4446
営業時間 11:00~17:00
※夜カフェ金曜19:00~深夜0:00(予約制)
定休日 水曜、土曜、第2・4日曜

自分好みにカスタマイズ
真夜中に味わう、リッチな味

真夜中スイーツ

コンセプトは高級感。提供するのはパンケーキ、バニラジェラート、バニラアイスのみですが、トッピングのカスタマイズで楽しみ方は無限大!絞った品数からは商品への自信が感じられますね。18種のトッピングからおいしさをプラスし、ちょっぴりぜいたくなスイーツを夜のご褒美に。イートインはワンドリンク制。

プルプル食感のパンケーキはプレーンで950円。写真はアイス、ホイップ、チョコを追加し1540円。

ミルク感強めのジェラート(480円)に、チョコソース、バナナ、ホイップをトッピング(925円)。

名称 真夜中スイーツ
所在地 和歌山市砂山南4-2-18
電話番号 073-494-5929
営業時間 19:00~翌3:00
定休日 無休

スイーツ好き必見の店!
今はやりのレトロなプリンを

StomacoGENERAL KITCHEN(ストマコ・ジェネラル・キッチン)

北欧風のおしゃれな店構え。洋食・イタリアンの人気店が、週末に多彩なスイーツをそろえた夜カフェを実施しています。注目は、レトロな喫茶店風の「プリン」。昔ながらの固めなプリンに、カラメルソースがたっぷり。酸味のあるラズベリージャムと口当たりの良いバタークリームを挟んだ「ビクトリアケーキ」もおすすめです。

「プリン」(500円)と「カフェラテ」(450円)。店主が、かわいいラテアートもしてくれます。

イギリスのシンプルなケーキ「ビクトリアケーキ」(550円)。

名称 StomacoGENERAL KITCHEN(ストマコ・ジェネラル・キッチン)
所在地 和歌山市西ノ店13
電話番号 073-499-8415
営業時間 11:30~15:00(OS14:00)
18:00~22:00(OS21:30)
※夜カフェ金・土曜21:30~深夜0:00(OS23:30)
定休日 月曜、日曜のディナー、第3日曜

四季折々の素材を生かした多彩なソフトクリームパフェ

D..labo(ディーラボ)

大阪府堺市のスイーツ専門店が、今年9月和歌山に上陸!旬のフルーツがたっぷり乗った「ソフトクリームパフェ」(600円~)が絶品と話題です。オリジナル配合のソフトクリームは、「フルーツの味わいと調和する甘さやコク、ミルク感を意識しています」と店主。クレープやチュロス、フローズンスムージーなどもありますよ。

一番人気のソフトクリームパフェは「いちご」(700円)。果実にジャム、ソースと盛りだくさん。

あま~い焼き芋をブリュレして、アイスをオン!「おいもブリュレ」(750円)は1月下旬まで販売しています。

名称 D..labo(ディーラボ)
所在地 和歌山市湊44-8
電話番号 050-8884-8978
営業時間 18:00~深夜0:00
定休日 不定休

※各都道府県が発表している外出自粛要請や都道府県間移動の自粛要請等をお守りいただき、お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保、マスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします。

※掲載各店の判断により、営業形態や営業時間、メニュー等が変更されている場合があります。