「えべっさん」始まる 商売繁盛祈願

縁起物を買い求める参拝者

七福神「えびす神」を祭る各地の神社は9日に宵戎(よいえびす)を迎え、商売繁盛などを願う3日間の「えべっさん」が始まった。和歌山市吉田の東の宮恵美須神社では、午前中から多くの参拝者が訪れた。

神社の販売所では、福娘らが「ようお参り」という掛け声で参拝者をお出迎え。参拝者は一年の商売繁盛を願い、神棚や店先に飾る縁起物「福笹」や「みの」を買い求めていた。

串本町で建設業を営む小森正剛さん(58)は、「ことしも商売繁盛を願って来ました。不況に負けないように頑張って仕事をします」と笑顔だった。

同神社では期間中、えびす神社の総本宮、島根県の美保神社から横山陽之宮司らを迎え、悪を斬って福を呼び込む「悪斬の舞」の披露もある。10日は午前11時、午後5時、9時、11日は午前11時、午後3時から。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。