19日は今季一番の冷え込み 和歌山市

雪が舞う和歌山市の市堀川沿い(19日午後6時6分)

発達した低気圧の影響で全国的に風や雪が強まった19日、和歌山市など紀北地方でも雪が降り、路上や車の上がうっすらと雪化粧した。

和歌山地方気象台によると、この日の同市は最低気温0・5度と今季一番の冷え込み。雪は午後5時半ごろから9時ごろにかけて降ったが、積雪は1㌢未満だった。

同気象台では今季、11月27日に初雪(みぞれ)を観測。その後、今月14日にあられ、18日にみぞれを観測した。

雪があまり降らない和歌山市だが、1883年2月8日には積雪40㌢になったこともあるという。

高野町などを走る国道371号、高野龍神スカイライン(延長42・7㌔)と高野山バイパス(同3・9㌔)は、積雪と路面凍結の影響で現在、全面通行止めとなっている。20日午前現在、解除予定は未定。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。