木津バイパス4日開通 有田川方面便利に

開通を控える木津バイパス

平成21年度から県が海南市木津地内で整備してきた国道424号「木津バイパス」が4日午後2時に開通する。

同バイパスは、野上新橋交差点から有田川町方面に向かう同市木津―沖野々地内の0・9㌔。幅員は10・5㍍で、車道3㍍×2、路肩0・5㍍×2、歩道3・5㍍となっている。

全体事業費は約20億円。開通により木津地内の狭い区間が解消し、大型車の円滑な通行が可能になり、交通の利便性が向上する他、新しく歩道が整備されることで、歩行者の安全性が高まる。

4日午前10時から、同市主催の「開通を祝う会」が開かれる予定

また、木津バイパスに接続し、現在整備中の国道370号阪井バイパスが完成すれば、世界遺産「高野山」へのアクセスが向上し、観光振興の活性化に期待がかかる。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。