来年秋の開催へ実行委始動 きのくに音楽祭

きのくに音楽祭をPRする実行委の橋さん、宮下さん、澤さん、西さん(左から)

県民参加型の音楽祭「きのくに音楽祭」が、来年秋に和歌山県和歌山市内で初めて開かれることになり、実行委員会が発足した。同市出身、東京藝術大学の学長で、県立図書館メディア・アート・ホール音楽監督の澤和樹さんが総監督を務め、洋楽と邦楽を軸に地元ゆかりの演奏家らが質の高い音楽を届ける。南葵音楽文庫を活用し、地元の子どもたち参加の演奏会なども企画。実行委では「普段あまり音楽を聴かないという人にも、気軽に足を運んでもらえるような音楽祭にしたい」と意気込んでいる。
県民参加型の音楽祭「きのくに音楽祭」が、来年秋に和歌山市内で初めて開かれることになり、実行委員会が発足した。同市出身、東京藝術大学の学長で、県立図書館メディア・アート・ホール音楽監督の澤和樹さんが総監督を務め、洋楽と邦楽を軸に地元ゆかりの演奏家らが質の高い音楽を届ける。南葵音楽文庫を活用し、地元の子どもたち参加の演奏会なども企画。実行委では「普段あまり音楽を聴かないという人にも、気軽に足を運んでもらえるような音楽祭にしたい」と意気込んでいる。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。