ラインで中学生の相談受付 1月~和歌山市

和歌山市は、中学生からの友人関係やいじめなどに関する相談を無料通信アプリLINE(ライン)で受け付ける「冬期相談」を、1月4日から2月16日まで行う。

相談はラインのアカウント「きらり輝く紀州っ子@」で受け付け。友達登録し、トーク画面からカウンセラーに相談ができる。

市は県内で初めてSNSを利用した相談窓口を8月16日~9月17日に開設。161人が友達登録し、43人から99件の相談があった。内容は友人関係についてが20・2%と最も多く、家庭の事情が15・1%と続いた。

登録から実際の相談に結び付いた割合は61・5%で、同じくSNSで相談窓口を設けた滋賀県大津市の28・7%(2017年11月1日~18年3月30日)、長野県の10・2%(17年9月10日~23日)より多かった。

冬期相談は3年生の進路決定の時期と重なることから、当初予定の1月22日までを25日間延長する。相談時間は毎日午後5時から9時まで。匿名の相談も可能。電話による相談も子ども支援センター(℡073・402・7830)、少年センター(℡073・425・2351)で受け付ける。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。