即位礼正殿の儀を記念 和歌山市役所に記帳所

記帳する市民

和歌山市は22日、天皇陛下が即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」に合わせ、市役所に記帳所を設置。本庁舎1階ロビーには、開始時刻の午前9時から市民が訪れ、奉祝の意を示す記名を行った。

市総務課によると5月1日、新天皇が即位し「平成」から「令和」に改元された際には、1、4、5日の3日間で同所250人と7カ所のコミュニティセンターを合わせて約1000人が記帳し、今回は133人が訪れた。

記帳簿は3、4日後には皇居へ郵送される予定。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。