訪問は県職員のみで 自治会長逮捕で知事

業者との自治会長訪問に否定的な考えを示す仁坂知事

公共工事の落札業者に対し協力金として現金を要求したとして、和歌山県和歌山市の芦原地区連合自治会長の金井克諭喗(よしゆき)容疑者(63)が詐欺の容疑で逮捕された事件を受け、県発注の工事でも県職員が受注業者と共に金井容疑者にあいさつに行っていたことが確認されたことに対し、仁坂吉伸知事は28日の定例記者会見で「まさか(業者を)連れていくとは思わなかった」と驚きを口にし、「徹底的に調査したらいい」と述べた。

仁坂知事は「工事の中身や業者さんとの打ち合わせの結果などを県は説明しなければいけない」と述べ、県職員が連合自治会長のもとを説明に訪れることについては理解を示した。一方で、「業者さんと一緒に行かなくてもよいのでは。お金をせびられるきっかけになる」とし、受注業者と共に訪問することには疑問を示していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。