感染時に備え情報共有 県が新型肺炎専門家会議

あいさつする野㞍県福祉保健部技監㊧

新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がる中、和歌山県は5日、感染症に詳しい医師や研究者などで構成する「県健康危機管理専門家会議」を和歌山市の県庁南別館の災害対策本部室で開き、県内で感染者が出た場合の連携態勢などを確認した。

会議には、日本赤十字社和歌山医療センター感染症内科の古宮伸洋副部長や、県立医科大学微生物学教室の西尾真智子教授ら12人が出席。県福祉保健部の野㞍孝子技監はあいさつで「本県ではまだ患者の発生は見られていないが、いつ患者が発生してもおかしくない」と警戒を呼び掛けた。非公開で行われた会議では、新型コロナウイルスの特徴への理解を深め、行政や医療機関の対応について情報を共有したという。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。