ペンギン6羽仲間入り 和歌山城公園動物園

行進するペンギン

3月31日に閉園した「みさき公園」(大阪府岬町)から引き取られたフルトンペンギン6羽が11日、和歌山城公園動物園で、同園のペンギン2羽とともに初公開。仲良くそろった姿を見せた。

仲間入りしたのは右翼に水色のバンドを付けるブブと青のバンドのトト、黄緑のココ、緑のハツ、桃色のポポ、赤色のチャチャの6羽。

6羽は5月26日に同城動物公園に移り隔離舎で大腸菌などの検査を実施。6月9日からペンギン舎に移し、同城公園動物園のペン太とギン太と対面。初めはお互いに警戒し鳴き合ったが、少しずつ慣らしていった。

公開とともに8羽はよちよち歩きで行進したり、勢いよく水面で泳いだり愛らしい姿を見せた。名古屋市から来た森石達也さん(24)と竹内梨奈さん(24)は「こんなに近くで見られてうれしい。肌感や日常が垣間見れて楽しいです」と笑顔だった。

和歌山城整備企画課企画管理班の企画員、湯川英明さんは「8羽になって泳いでいる姿や食べている様子などペンギンの行動を見て楽しんでもらえれば」と話した。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。