一度は訪れたいラピュタの世界!海を渡って友ヶ島へ探検に行こう♪【和歌山】

今回は加太から船に乗って約20分、ジブリ「天空の城ラピュタ」の雰囲気に似ていることで話題となり、歴史や自然がいっぱい詰まった和歌山にある「友ヶ島」をご紹介。実際に初めて友ヶ島を訪れ、3時間歩き回って島中を満喫してきました。家族やお友達と一緒に友ヶ島へ探検に行こう♪

友ヶ島

友ヶ島

紀淡海峡に浮かぶ南国の別天地、友ヶ島は、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の総称名です。
沖ノ島には、要塞時代を偲ばせる砲台跡が点在。それらをめぐるハイキングコースも開かれています。純白の姿がコバルトブルーの海に見事に映える洋式灯台、第2砲台跡をはじめ、展望台、第3砲台跡、桟橋をめぐって約1時間30分。風光明媚な散策コースとしても人気があります。
(出典:和歌山市観光協会)

加太港から定期船で約20分!らぴゅた号に乗って出発♪

友ヶ島汽船

まずは、友ヶ島汽船の乗船券うりばに行き往復のチケットを購入!土日など休みの日は利用される方が多いので早めのチケット購入がオススメ!また、予約は受け付けておらず当日のみのチケット購入になります。第2便以降については当日乗船整理券を配布しているので整理券をお持ちの方はスムーズに希望する時間の船に乗ることができます。※詳しい内容は友ヶ島汽船にお問合せください。

写真 2017-06-24 14 21 27

乗船券うりば

チケット

往復乗車券

定員100名の「ともがしま号」と「らぴゅた号」に乗って出発~♪

写真 2017-06-24 10 47 07

◆詳しくはコチラをご覧下さい→友ヶ島汽船ホームページ

ついに友ヶ島に到着!ゆっくり楽しみながら探検スタート!

野奈浦浅橋

船は友ヶ島の玄関口、野奈浦(のなうら)浅橋に到着します。

【今回の探検コース】
野奈浦スタート
①第2砲台→②友ヶ島灯台→③孝助松海岸→④第3砲台・砲座跡→⑤第3砲台・弾薬庫→⑥将校宿舎跡→
野奈浦ゴール

野奈浦浅橋

野奈浦浅橋

マップ

崩れたレンガや草木が生い茂った迫力ある建物

①第2砲台

野奈浦浅橋から約10分ほどのにあるレンガ造りの第2砲台。砲台の中で唯一、海岸線にあるため目の前には淡路島が見え、見晴らしの良い場所にあります。建物内へは崩壊が激しく立ち入り禁止となっているのでご注意を。

第2砲台

第2砲台

第2砲台 ②

終戦後に爆破処理された砲台跡は崩れたまま迫力ある姿で残っています。

第2砲台 ③

今回は行くことはできませんでしたが、上から見る第2砲台跡の景色も迫力ありますね!

明治5年(1872年)にできた洋風建築の灯台、現在も稼働中!

②友ヶ島灯台

「ここ」って書いちゃう所が面白いなぁ。
途中、坂や階段がありますが、この看板をみつけたら灯台はもう目の前!!

灯台3

灯台

灯台

友ヶ島灯台は、明治初期の大坂条約によって建設された5基の洋式灯台の一つで、日本で8番目に竣工した西洋式灯台、そして歴史的文化財的価値が高いAランクの保存灯台である。建設当時はイギリス製の3等不動レンズ、石油3重芯ランプを使用していた。平成20年、経済産業省から「近代産業遺産群 続33」の認定を受けている(出典:Wikipedia)

海岸横にそびえたつ立派な一本松

③孝助松海岸(こうすけまつかいがん)

灯台から下って歩くとスタート地点から反対側にあるキレイな砂浜の孝助松海岸に到着。潮だまりには貝やカニ、小魚などの海の生き物も観察できます。また、海岸近くには立派な一本松がたっています。

孝助松海岸

孝助松海岸

孝助松

孝助松2

海岸左横にある一本松↑

 雰囲気抜群!真っ暗な地下に続く連絡通路

④第3砲台跡 砲座跡

地下に続く階段を発見!降りてみると水が溜まった砲座跡を見つけました。さらに地下へと続くトンネルがあり中は、昼間でも全く光が差し込まないため真っ暗!地下連絡通路となっているようです。

砲座跡2

砲座跡

水が溜まった砲座跡はたくさんのカエルの住処となっていました。

砲座跡3

トンネル

※トンネル内は懐中電灯必須!!

第3台砲台

一歩踏み込めばラピュタの世界

⑤第3砲台跡 弾薬庫

多くの方が写真で一度は見たことのある友ヶ島では有名な場所です。
一歩足を踏み入れると、不思議な雰囲気で夏でもひんやりクーラーが効いた部屋にいるような涼しさに驚きます。

第3砲台跡

明治政府は経済の中心地である大阪を守るため、大阪湾口部である紀淡海峡周辺に強力な洋式砲台を設置することとしました。要塞司令部が淡路島の由良地区に置かれたため総称として由良要塞と呼ばれます。友ヶ島には第1~第5の五か所に砲台が設置され、明治23年(1890)~明治37年(1904)に竣工しています。島内の最高所周辺に設置された第3砲台は友ヶ島内の最主力砲台で、砲座・弾薬庫・電灯所・看守衛舎などが残されています。
(出典:和歌山市の文化財)

第3台砲台2

弾薬庫の中も真っ暗です。

第3台砲台3

将校たちの憩いの場

⑥将校宿舎跡

第3砲台の先には将校宿舎跡を発見。今は傷んだ状態ですが元々建物内部は純日本式間取りとなっており当時の将校たちの憩いの場であったそうです。

将校宿舎跡2

将校宿舎跡

※タバコのすいがらなど火気の取り扱いにはご注意を!

友ヶ島

紀淡海峡に浮かぶ南国の別天地、友ヶ島は、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の総称名です。…

住所:
和歌山県和歌山市加太友ヶ島

※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください。


いかがでしたか!?他にも色々なルートがあり、自分好みのルートで友ヶ島を満喫してください。

※友ヶ島を訪れる際は飲み物と懐中電灯は必須。島内は坂や階段、山道も多く長距離を歩いて散策する為、スニーカーなどの歩きやすい靴で訪れることをおすすめします。

※本文中の情報は引用元の情報に基づきます。実際に訪れる際には、事前に確認することをお勧めいたします

関連記事もCHECK!
↓↓↓

夕陽に染まる海と空の絶景を二人じめ! 大切な人と特別な時を過ごす秋旅を【休暇村紀州加太】|PR|

夏から秋へ、そして秋から冬へ。自然の彩りを特に強く感じさせるこの季節は、大切な人…

【NEWS】和歌山のニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用